google+LINEで送る
普通自動車免許学科 の 5門
第1問
高齢運転者標識や身体障害者標識、初心運転者標識をつけて走行している自動車に対して、危険を避けるためやむを得ない場合の他は、側方に幅よせしたり、前方に割り込んだりしてはならない。

普通自動車免許学科 の 5門
第2問
エンジンなどから水やオイルなどがもれるのは、たとえその量が少量であっても異常である。

普通自動車免許学科 の 5門
第3問
70歳以上の運転者が普通自動車を運転するときは車の前後に「高齢運転者標識」をつけるのが望ましい。

普通自動車免許学科 の 5門
第4問
自動車や原動機付自転車は、交通が混雑している道路で路側帯があるときには、その路側帯の中を通行することができる。

普通自動車免許学科 の 5門
第5問
時速60キロメートル毎時の速度で衝突したときは、ビルの5階(約14メートル)から落ちた場合と同程度の衝撃力を受けることになる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る