google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第1問
毎期(年)末に1,000万円の純収益が得られる賃貸マンションを取得し、取得から3年経過後に1億円で売却するとした場合、DCF法による当該不動産の収益価格の計算方法として、最も適切なものはどれか。なお、割引率を年6%とし、下記の複利現価率を利用すること。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第2問
傷害保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第3問
民法で規定する相続の承認および放棄に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第4問
金融派生商品に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第5問
下記<過去3期間のポートフォリオの実績収益率>に基づき、ポートフォリオA~Cのリスク(標準偏差)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第6問
所得税における所得控除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第7問
地震保険に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第8問
株式発行や社債発行による中小企業の資金調達に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第9問
建築基準法に基づいて下記の土地に耐火建築物である店舗を建築する場合の建築面積の限度として、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については考慮しないものとする。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第10問
相続時精算課税制度(以下「本制度」という)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る