google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第1問
所得税における所得控除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第2問
Aさんの夫が保険料を負担していた下記の個人年金保険から平成26年9月に年金支払いが開始された場合、Aさんの平成26年分の贈与税の課税価格に算入される当該個人年金保険の年金受給権の価額として、最も適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第3問
相続財産の評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第4問
平成26年分の所得税における住宅借入金等特別控除(以下「住宅ローン控除」という)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、平成26年8月に家屋を取得して同月中に自己の居住の用に供しているものとする。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第5問
住宅ローン(全期間固定金利型)の一部繰上げ返済に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第6問
借地借家法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、本問においては、借地借家法における定期建物賃貸借契約を定期借家契約という。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第7問
使用貸借契約に基づき、父親が所有する宅地の上にその子が賃貸アパートを建築して賃貸の用に供している場合、下記<土地および賃貸アパートの概要>に基づき算出される当該宅地の相続税評価額として、最も適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第8問
債券投資のリスクや格付けに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第9問
次のうち、所得税における税額控除に該当しないものはどれか。

ファイナンシャルプランナー2級 の 10門
第10問
毎期(年)末に1,000万円の純収益が得られる賃貸マンションを取得し、取得から3年経過後に1億円で売却するとした場合、DCF法による当該不動産の収益価格の計算方法として、最も適切なものはどれか。なお、割引率を年6%とし、下記の複利現価率を利用すること。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る