google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第1問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

投資総額5、000万円の賃貸用不動産の年間収入の合計額が600万円、年間費用の合計額が200万円である場合、この投資の純利回り(NOI利回り)は、【   】である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第2問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

表面利率(クーポンレート)2%、残存期間4年の固定利付債券を、額面100円当たり101円で購入した場合の単利最終利回りは、【   】である。なお、答は表示単位の小数点以下第3位を四捨五入している。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第3問
オプション取引において、株式などの原資産を特定の価格(権利行使価格)で買う権利のことを、コール・オプションという。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第4問
給与所得者のうち、その年分の給与等の金額が1、800万円を超える者は、年末調整の対象 者とならず、所得税について確定申告をしなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第5問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

相続の放棄をするには、自己のために相続の開始があったことを知った時から原則として【   】以内に、家庭裁判所にその旨を申述しなければならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る