google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第1問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

所得税の住宅借入金等特別控除の対象となる借入金は、住宅の取得等のための一定の借入金で、契約において償還期間が【   】以上の分割により返済されるものである。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第2問
長期固定金利住宅ローンであるフラット35の借入金利は、融資実行時の金利ではなく、借入申込時の金利が適用される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第3問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

平成25年分の給与所得の金額の計算において、給与等の収入金額が【   】を超える場合、給与所得控除額は上限である245万円が適用される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第4問
「配偶者に対する相続税額の軽減」は、配偶者が相続により取得した財産の価額が、配偶 者の法定相続分相当額または1億2、000万円のいずれか多い金額までであれば、配偶者は 相続税がかからないという規定である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 5問
第5問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

所得税の住宅借入金等特別控除の適用対象となる借入金は、住宅の取得等に充てるための一定の借入金で、償還期間が【   】以上の割賦償還により返済するものでなければならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る