google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第1問
火災保険では、突風によって住宅の窓ガラスや屋根が破損し、一定の損害が生じた場合、補償の対象となる。 -3- 〈2014.1 3級・学科〉

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第2問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における特定事業用宅地等に該当する場合、【 ① 】を限度面積として評価額の【 ② 】を減額することができる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第3問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

一時払変額個人年金保険は、【 ① 】の運用実績に基づいて保険金額等が変動するが、一般に、【 ② 】については最低保証がある。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第4問
一般的な固定利付債券では、通常、市中金利が上昇すると債券価格は下落する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第5問
2つの異なる資産に投資するポートフォリオにおいて、資産間の相関係数が1であると き、ポートフォリオのリスク低減効果が最も大きくなる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第6問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

相続により取得した土地の譲渡について、いわゆる相続財産を譲渡した場合の相続税の取得費加算の特例の適用を受ける場合、当該土地を相続開始日の翌日から相続税の申告期限の翌日以後【   】を経過する日までに譲渡していることが要件の1つとなる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第7問
保険募集人が、保険契約者等に対して、不利益となるべき事実を告げずに既契約を消滅 させて新たな契約を申し込ませる行為は、保険業法により禁止されている。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第8問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

居住用財産の譲渡について、長期譲渡所得の課税の特例(軽減税率の特例)の適用を受ける場合の所得税額は、下記の表のとおり計算される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第9問
定期建物賃貸借契約(定期借家契約)は、公正証書によって契約しなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第10問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

3、000、000円を年利2%(1年複利)で3年間運用した場合の元利合計金額は、手数料や税金等を考慮しない場合、【   】である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る