google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第1問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

健康保険の任意継続被保険者となるための申出は、被保険者の資格を喪失した日から原則として【   】以内にしなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第2問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

金融商品取引法では、金融商品取引業者等は、顧客の知識、経験、財産の状況および金融商品取引契約を締結する目的に照らして不適当と認められる勧誘を行ってはならないとしているが、これを【   】の原則という。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第3問
生命保険の災害割増特約では、被保険者が不慮の事故による傷害を直接の原因として、その事故の日から起算して240日以内に死亡または高度障害状態となった場合、災害割増保険金が支払われる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第4問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

土地・建物に係る譲渡所得は、【 ① 】現在において所有期間が【 ② 】を超えるものは長期譲渡所得に、【 ② 】以下であるものは短期譲渡所得に区分される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第5問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

相続時精算課税を選択した場合の贈与税額は、この制度に係る贈与財産の価額から特別控除額(累計2、500万円)を控除した後の残額に、一律【   】の税率を乗じて算出する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第6問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

生命保険の保険料のうち、将来の死亡保険金を支払うための財源となる純保険料は、予定死亡率および【   】に基づいて計算されている。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第7問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

住宅ローンのフラット35(買取型)において、一部繰上返済を行う場合、返済金額は【 ① 】以上から可能で、その際の繰上返済手数料は【 ② 】である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第8問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

国が日本政策金融公庫を通じて行う「教育一般貸付(国の教育ローン)」の融資金利は【 ① 】であり、返済期間は原則として【 ② 】以内である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第9問
相続税において、貸家の敷地の用に供されている宅地(貸家建付地)の価額は、「自用地 としての価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」の算式により評価する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第10問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

土地・家屋の固定資産税の納税義務者は、原則として、毎年【   】現在において当該土地・家屋の所有者として固定資産課税台帳に登録されている者である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る