google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第1問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

投資総額5、000万円の賃貸用不動産の年間収入の合計額が600万円、年間費用の合計額が200万円である場合、この投資の純利回り(NOI利回り)は、【   】である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第2問
土地の登記記録の権利部乙区には、所有権以外の権利に関する事項が記録されている。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第3問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

普通傷害保険において補償の対象とならない傷害の例として、【   】がある。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第4問
生命保険募集人が生命保険の募集に際し、顧客が支払うべき保険料を立替払いすることは、保険業法に定められる禁止行為に該当する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第5問
被相続人の兄弟姉妹には、遺留分の権利が認められていない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第6問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金は、原則として60歳到達時点に比べて、賃金額が【   】未満に低下した状態で就労している60歳以上65歳未満の雇用保険の一般被保険者で、一定の要件を満たす者に対して支給される。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第7問
弁護士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、遺産分割をめぐって係争中の顧客から相談を受け、報酬を得る目的で相続人間の利害調整に係る法律事務を取り扱った。この行為が顧客利益を優先して行ったものである場合、弁護士法に抵触しない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第8問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

相続の放棄をしようとする者は、自己のために相続の開始があったことを知った時から原則として【 ① 】以内に、その旨を【 ② 】に申述しなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第9問
所得税において、事業的規模で行われる不動産の貸付による所得は、事業所得となる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第10問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

平成25年分の給与所得の金額の計算において、給与等の収入金額が【   】を超える場合、給与所得控除額は上限である245万円が適用される。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る