google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第1問
住宅ローンの返済方法において元利均等返済方式と元金均等返済方式を比較した場合、返済期間や金利などの他の条件が同一であれば、通常、利息を含めた総返済金額が多いのは、元金均等返済方式である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第2問
小売業を営む事業所得者で、その年分の所得金額が2、000万円以下である者は、所得税の確定申告が不要である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第3問
2つの異なる資産に投資するポートフォリオにおいて、資産間の相関係数が1であると き、ポートフォリオのリスク低減効果が最も大きくなる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第4問
銀行による預金の受入れや保険会社による保険契約の締結は、「金融商品の販売等に関する法律」における金融商品の販売に該当する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第5問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

都市計画法の規定では、市街化区域内において行う開発行為で、原則としてその規模が【   】以上であるものは、都道府県知事等の許可を受けなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第6問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

個人賠償責任保険において、【   】場合、補償の対象とならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第7問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

所得税において、不動産所得または事業所得を生ずべき事業を営む青色申告者が一定の要件を満たした場合、青色申告特別控除として所得金額から控除することができる金額は、最高【   】である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第8問
相続人が相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における貸付事業用宅地等に該当する場合、240㎡を限度面積として評価額の80%を減額することができる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第9問
地震保険における保険の対象には、1個または1組の価額が30万円を超える宝石や美術品等が含まれる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第10問
土地の登記記録の権利部乙区には、所有権以外の権利に関する事項が記録されている。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る