google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第1問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

契約者(=保険料負担者)および保険金受取人を夫、被保険者を妻とする生命保険契約において、妻の死亡により夫が受け取る死亡保険金は、【   】の対象となる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第2問
建築基準法において、建ぺい率は、建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合と定められている。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第3問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

普通傷害保険では、被保険者が【   】場合、補償の対象とならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第4問
銀行による預金の受入れや保険会社による保険契約の締結は、「金融商品の販売等に関する法律」における金融商品の販売に該当する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第5問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

国内の金融商品取引所において、上場株式を普通取引で売買した場合、売買が成立した日から起算して【   】営業日目に受渡しが行われる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第6問
相続による土地の取得に対しては、不動産取得税が課されない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第7問
被相続人の遺言が残されていない場合、共同相続人は、必ず法定相続分どおりに遺産を分割しなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第8問
株式の投資指標の1つである配当利回りは、1株当たりの配当金の額を一定とすれば、 株価が上昇するほど高くなる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第9問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

元金2、000万円を、利率(年率)3%で複利運用しながら15年にわたって毎年均等に取り崩して受け取る場合、毎年の受取金額は、下記の〈資料〉の係数を使用して算出すれば、【   】となる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第10問
相続税において、貸家の敷地の用に供されている宅地(貸家建付地)の価額は、「自用地 としての価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」の算式により評価する。