google+LINEで送る
ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第1問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)における被害者1人当たりの保険金の限度額は、死亡の場合は【 ① 】、傷害の場合は【 ② 】、後遺障害の場合は75万円から4、000万円である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第2問
暦年課税による贈与税は、受贈者ごとではなく、贈与者ごとに1年間に贈与した財産の 価額を合計し、そこから非課税財産を控除して課税価格を算出する。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第3問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

利率(年率)1%で複利運用しながら毎年一定額を積み立てて、15年後に2、000、000円を準備したい。この場合に最低限必要な毎年の積立金額を下記の〈資料〉を利用して算出すれば、【   】となる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第4問
無利息・要求払い・決済サービスを提供できる、という3つの条件を満たす決済用預金は、その全額が預金保険制度による預金保護の対象となる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第5問
上場不動産投資信託( J-REIT)は、上場株式と同様に証券取引所を通じて取引され、成行や指値による注文も可能である。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第6問
自筆証書遺言の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第7問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

がん保険では、一般に、契約日から【   】以内とされている待機期間中にがんと診断された場合、診断給付金が支払われない。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第8問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

国内の経済活動によって一定期間内に生み出された付加価値の総額である【   】は、一般に、その伸び率が国の経済成長率を測る指標として用いられる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第9問
所得税において、土地・建物の譲渡に係る譲渡所得の金額は、分離課税の対象となる。

ファイナンシャルプランナー3級 の 10問
第10問
次の文章の【   】の中に当てはまる、最も適切なものを1つ選びなさい。

下記の〈親族関係図〉において、配偶者の法定相続分は、【   】である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る