google+LINEで送る
行政書士 国家試験 の 10門
第1問
行政手続法が定める不利益処分についての規定に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

行政書士 国家試験 の 10門
第2問
行政立法に関する次の記述は、最高裁判所の判例に照らし、正しいでしょうか?法令および省庁名は当時のものである。

国家公務員法が人事院規則に委任しているのは、公務員の職務の遂行の政治的中立性を損なうおそれが実質的に認められる政治的行為の行為類型を規制の対象として具体的に定めることであるから、国家公務員法が懲戒処分の対象と刑罰の対象とで殊更に区別することなく規制の対象となる政治的行為の定めを人事院規則に委任しているからといって、憲法上禁止される白紙委任に当たらない。

行政書士 国家試験 の 10門
第3問
A電力株式会社は、新たな原子力発電所の設置を計画し、これについて、国(原子力規制委員会)による原子炉等規制法 * に基づく原子炉の設置許可を得て、その建設に着手した。これに対して、予定地の周辺に居住するXらは、重大事故による健康被害などを危惧して、その操業を阻止すべく、訴訟の提起を検討している。この場合の訴訟について、最高裁判所の判例に照らし、妥当な記述はどれか。

行政書士 国家試験 の 10門
第4問
債務引受および契約上の地位の譲渡(契約譲渡)に関する次の記述のは、判例に照らし、妥当でしょうか?

併存的(重畳的)債務引受があった場合、別段の意思表示がないときは、債務者(原債務者)と引受人は、債権者に対し、それぞれ等しい割合で分割債務を負う。

行政書士 国家試験 の 10門
第5問
人口構造に関する次の記述は正しいでしょうか?

日本は人口減少局面にあるが、人口が減少しているのは地方圏ばかりではなく、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の1都3県全体においても深刻な少子化を背景に、近年、人口が減少に転じた。

行政書士 国家試験 の 10門
第6問
処分取消訴訟と処分無効確認訴訟に関する次の記述は正しいでしょうか?

無効確認訴訟は、取消訴訟の出訴期間経過後において、処分により重大な損害を生じた場合に限り提起することができる。

行政書士 国家試験 の 10門
第7問
投票価値の平等に関する次の記述のうち、判例に照らし、妥当なものはどれか。

行政書士 国家試験 の 10門
第8問
錯誤による意思表示に関する次の記述は、民法の規定および判例に照らし、妥当でしょうか?

動機の錯誤については、表意者が相手方にその動機を意思表示の内容に加えるものとして明示的に表示したときは法律行為の要素の錯誤となるが、動機が黙示的に表示されるにとどまるときは法律行為の要素の錯誤となることはない。

行政書士 国家試験 の 10門
第9問
不利益処分に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

行政書士 国家試験 の 10門
第10問
行政不服審査法に基づく審査請求の教示義務に関する次の記述は正しいでしょうか?

処分庁は、審査請求ができる処分をするときは、処分の相手方に対し、審査請求ができる旨、審査請求すべき行政庁、審査請求期間、審査請求書に記載すべき事項を教示しなければならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る