google+LINEで送る
行政書士 国家試験 の 5門
第1問
国家賠償法に関する次の記述は、最高裁判所の判例に照らし、正しいでしょうか?

市町村が設置する中学校の教諭がその職務を行うについて故意又は過失によって違法に生徒に損害を与えた場合において、当該教諭の給料等を負担する都道府県が1条1項、3条1項に従い上記生徒に対して損害を賠償したときは、当該都道府県は、賠償した損害につき、3条2項に基づき当該中学校を設置する市町村に対して求償することはできない。

行政書士 国家試験 の 5門
第2問
地方自治法の規定による住民監査請求と事務監査請求の相違について、妥当な記述はどれか。

行政書士 国家試験 の 5門
第3問
A、B、C、D、Eの5人が、各自で出資をして共同の事業を営むことを約して組合を設立した場合に関する次の記述のうち、民法の規定および判例に照らし、正しいものはどれか。

行政書士 国家試験 の 5門
第4問
就労に関する次の記述は妥当でしょうか?

ニートとは、若年無気力症候群のことをいい、通勤も通学も家事もしていない者として定義される。

行政書士 国家試験 の 5門
第5問
現行の選挙制度において、インターネットによる選挙運動が可能となっているものもあるが、次の記述のうち、妥当なものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る