google+LINEで送る
行政書士○×問題 の 10門
第1問
日本の公債発行に関する次の記述のは妥当でしょうか?

東日本大震災以降、政府一般会計当初予算では、歳入の4割以上が国債発行により調達されている。

行政書士○×問題 の 10門
第2問
核軍縮・核兵器問題への国際社会の対応に関する次の記述は妥当でしょうか?

冷戦中、米ソ両国は中距離核戦力(INF)の全廃に向けて何度も交渉を行ったが難航し、条約の締結までには至らなかった。

行政書士○×問題 の 10門
第3問
人口構造に関する次の記述は正しいでしょうか?

日本は人口減少局面にあるが、人口が減少しているのは地方圏ばかりではなく、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の1都3県全体においても深刻な少子化を背景に、近年、人口が減少に転じた。

行政書士○×問題 の 10門
第4問
日本の公債発行に関する次の記述のは妥当でしょうか?

都道府県や市区町村が地方債発行により財源を調達する際には、当該地方議会の議決に加えて、国の許可を受けることが義務づけられている。

行政書士○×問題 の 10門
第5問
ディジタル情報に関する次の記述は妥当でしょうか?

既存の状態をアナログ、既存の状態からの変化をディジタルと呼ぶ。情報のディジタル化とは、情報が既存の状態から変化する近年の情報技術革新を指す。

行政書士○×問題 の 10門
第6問
行政庁の裁量に関する次の記述は、最高裁判所の判例に照らし、正しいでしょうか?

水道法15条1項 * にいう「正当の理由」の判断に関して、水道事業者たる地方公共団体の長が近い将来における水不足が確実に予見されることを理由として給水契約の締結を拒絶することは、裁量権の逸脱、濫用として違法となる。

行政書士○×問題 の 10門
第7問
国家行政組織法に関する次の記述は正しいでしょうか?

国家行政組織法に基づいて行政組織のため置かれる国の行政機関は、省、委員会および庁であるが、その設置および廃止は、別に政令の定めるところによる。

行政書士○×問題 の 10門
第8問
次の記述は内閣に関する憲法の規定の説明として正しいでしょうか?

内閣は、総選挙の結果が確定すると同時に、直ちに総辞職しなければならない。

行政書士○×問題 の 10門
第9問
株主総会の決議に関する次の記述は、会社法の規定に照らし、妥当でしょうか?

取締役会設置会社の株主総会は、法令に規定される事項または定款に定められた事項に限って決議を行うことができる。

行政書士○×問題 の 10門
第10問
次の記述は土地収用に伴う土地所有者に対する損害補償について妥当でしょうか?

収用委員会の収用裁決によって決定された補償額に起業者が不服のある場合には、土地所有者を被告として、その減額を求める訴訟を提起すべきこととされている。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る