google+LINEで送る
行政書士○×問題 の 5門
第1問
商法上の支配人に関する次の記述は、商法の規定に照らし、正しいでしょうか?

支配人は、商人の営業所の営業の主任者として選任された者であり、他の使用人を選任し、または解任する権限を有する。

行政書士○×問題 の 5門
第2問
処分取消訴訟と処分無効確認訴訟に関する次の記述は正しいでしょうか?

無効確認訴訟は、取消訴訟の出訴期間経過後において、処分により重大な損害を生じた場合に限り提起することができる。

行政書士○×問題 の 5門
第3問
ペットに関する次の記述は正しいでしょうか?

1950年代には多くの市区町村で犬税が導入されていたが、犬税を課す市区町村の数は次第に減少し、現在では、犬税を課している市区町村は一つもない。

行政書士○×問題 の 5門
第4問
次の記述は日本の中央政府の行政改革について、平成13年(2001年)に実施した省庁再編の内容として妥当でしょうか?

運輸省、建設省、北海道開発庁、国土庁の2省2庁を国土交通省に統合した。

行政書士○×問題 の 5門
第5問
法令相互の関係に関する次の記述は妥当でしょうか?

法律の委任がなければ、政令によって国民に義務を課し、もしくはその権利を制限することはできないが、緊急の必要がある場合、国会の事後の承認を条件に、そのような定めを政令で行うことは、必ずしも違憲とはいえない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る