google+LINEで送る
行政書士○×問題 の 5門
第1問
地方自治法の規定による住民監査請求と事務監査請求の相違について、次の記述は妥当でしょうか?

住民監査請求については、対象となる行為があった日または終わった日から一定期間を経過したときは、正当な理由がある場合を除き、これをすることができないこととされているが、事務監査請求については、このような請求期間の制限はない。

行政書士○×問題 の 5門
第2問
婚姻および離婚に関する次の記述は、民法の規定に照らし、正しいでしょうか?

未成年者が婚姻をするには、父母のいずれかの同意があれば足り、父母ともにいない未成年者の場合には、家庭裁判所の許可をもってこれに代えることができる。

行政書士○×問題 の 5門
第3問
行政手続法が規定する申請に対する処分に関する次の記述は正しいでしょうか?

行政庁は、申請者以外の者の利害を考慮すべきことが要件とされている処分を行う場合には、それらの者の意見を聴く機会を設けるよう努めなければならない。

行政書士○×問題 の 5門
第4問
国家賠償法に関する次の記述は、最高裁判所の判例に照らし、正しいでしょうか?

法律の規定上当該営造物の設置をなしうることが認められている国が、自らこれを設置するにかえて、特定の地方公共団体に対しその設置を認めたうえ、その営造物の設置費用につき当該地方公共団体の負担額と同等もしくはこれに近い経済的な補助を供与する反面、その地方公共団体に対し法律上当該営造物につき危険防止の借置を請求しうる立場にあるときには、国は、3条1項所定の設置費用の負担者に含まれる。

行政書士○×問題 の 5門
第5問
憲法13条に関する次の記述は正しいでしょうか?

プライバシーの権利について、個人の私的領域に他者を無断で立ち入らせないという消極的側面と並んで、積極的に自己に関する情報をコントロールする権利という側面も認める見解が有力である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る