google+LINEで送る
行政書士○×問題 の 5門
第1問
日本国憲法第7章の財政に関する次の記述は正しいでしょうか?

すべて皇室の費用は、予算に計上することを要し、かつ、国会の議決を経なければならない。

行政書士○×問題 の 5門
第2問
憲法13条に関する次の記述は正しいでしょうか?

幸福追求権の内容について、個人の人格的生存に必要不可欠な行為を行う自由を一般的に保障するものと解する見解があり、これを「一般的行為自由説」という。

行政書士○×問題 の 5門
第3問
情報公開制度に関する次の記述は正しいでしょうか?

国の法律の制定順序については、まず、行政機関が対象とされ、その後、独立行政法人等について別の法律が制定された。

行政書士○×問題 の 5門
第4問
不利益処分に関する次の記述は正しいでしょうか?

行政手続法は、原則として聴聞の主宰者は処分庁の上級行政庁が指名する処分庁以外の職員に担当させるものとし、処分庁の職員が主宰者となること、および処分庁自身が主宰者を指名することはできない旨を規定している。

行政書士○×問題 の 5門
第5問
戦後日本の外交に関する次の記述は妥当でしょうか?

1965年に日本は、大韓民国との間で日韓基本条約を締結した。また、朝鮮民主主義人民共和国との間の国交は、2002年の小泉純一郎首相の平壌訪問によって回復した。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る