google+LINEで送る
第二種衛生管理者(国家試験) の 10門
第1問
厚生労働省の「職場における腰痛予防対策指針」に基づき、腰部に著しい負担のかかる作業に常時従事する労働者に対して当該作業に配置する際に行う健康診断の項目として、適切でないものは次のうちどれか。

第二種衛生管理者(国家試験) の 10門
第2問
事務室の設備の点検に関する次の記述のうち、法令上、誤っているものはどれか。

第二種衛生管理者(国家試験) の 10門
第3問
ヒトのホルモン、その内分泌器官及びそのはたらきの組合せとして、誤っているものは次のうちどれか。

第二種衛生管理者(国家試験) の 10門
第4問
雇入れ時の安全衛生教育に関する次の記述のうち、法令上、誤っているものはどれか。

第二種衛生管理者(国家試験) の 10門
第5問
腎臓での尿の生成に関する次の文中の[  ]内に入れるAからDの語句の組合せとして、正しいものは1~5のうちどれか。

「腎小体を通る血液中の血球及び[ A ]以外の成分は、糸球体から[ B ]に濾過されて原尿になる。原尿中の水分、電解質、[ C ]などの成分が[ D ]において血液中に再吸収され、残った成分で生成された尿は膀胱にたまり体外に排泄される。」

第二種衛生管理者(国家試験) の 10門
第6問
筋肉に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

第二種衛生管理者(国家試験) の 10門
第7問
照明等の視環境に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

第二種衛生管理者(国家試験) の 10門
第8問
衛生委員会に関する次の記述のうち、法令上、正しいものはどれか。

第二種衛生管理者(国家試験) の 10門
第9問
食中毒に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

第二種衛生管理者(国家試験) の 10門
第10問
在室者が12人の事務室において、二酸化炭素濃度を1000ppm以下に保つために最小限必要な換気量(m3/h)に最も近いものは次のうちどれか。ただし、在室者が呼出する二酸化炭素量は1人当たり0.018m3/h、外気の二酸化炭素濃度は300ppmとする。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る