google+LINEで送る
第二種衛生管理者(国家試験) の 5門
第1問
一般作業環境において機械換気を行う場合の必要換気量を算出するとき、室内の二酸化炭素基準濃度及び外気の二酸化炭素濃度として通常用いられる数値の組合せは次のうちどれか。

第二種衛生管理者(国家試験) の 5門
第2問
労働基準法により作成が義務付けられている就業規則に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

第二種衛生管理者(国家試験) の 5門
第3問
事務室の空気環境の調整に関する次の文中の[  ]内に入れるAからCの数字の組合せとして、法令上、正しいものは1~5のうちどれか。ただし、含有率とは、1気圧、温度25℃とした場合の空気中に占める当該ガスの容積の割合をいう。

「空気調和設備を設けている場合は、室に供給される空気中に占める一酸化炭素の含有率は、100万分の[ A ]以下(外気が汚染されているため、困難な場合は100万分の[ B ]以下)、また、二酸化炭素の含有率は100万分の[ C ]以下となるように、当該設備を調整しなければならない。」

第二種衛生管理者(国家試験) の 5門
第4問
脳血管障害に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

第二種衛生管理者(国家試験) の 5門
第5問
1000人を対象としたある疾病のスクリーニング検査の結果と精密検査結果によるその疾病の有無(真の姿)は下表のとおりであった。このスクリーニング検査の偽陽性率及び偽陰性率の近似値の組合せとして、正しいものは1~5のうちどれか。ただし、偽陽性率とは、疾病無しの者を陽性と判定する率をいい、偽陰性率とは、疾病有りの者を陰性と判定する率をいう。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る