google+LINEで送る
保育士試験問題「保育原理」 の 5問
第1問
日本で初めての近代的教育制度とされる昭和5年の「学制」では、「幼稚小学」の規定が設けられたが、実現はしなかった。

保育士試験問題「保育原理」 の 5問
第2問
保育士の勤務時間中における信用失墜行為は登録取消しの原因となるが、勤務時間外の行為であれば関係ない。

保育士試験問題「保育原理」 の 5問
第3問
道徳性の芽生えを培うのは小学校就学後の課題であって、保育所においてはまだ認識させないことが望ましい。

保育士試験問題「保育原理」 の 5問
第4問
「児童の権利に関する条約」では、家庭で養育されている児童は、その私生活、家族、住居もしくは通信について、不法に干渉されることがないと規定している。

保育士試験問題「保育原理」 の 5問
第5問
平成6年に、社会全体で子育てをすすめ、少子化に歯止めをかける趣旨で、新エンゼルプランが策定された。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る