google+LINEで送る
保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第1問
ユネスコの教育担当官ラングランは、昭和40年の第三回成人教育推進国際委員会で、学校教育と成人教育を統合した「生涯学習」の考えを提案した。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第2問
「助教法」は19世紀初期のイギリスでベルやランカスターによって行われた教授法で、学習震度によってグループ分けし、すでに知識を取得した生徒が各グループで補助教師(モニター)となって教師の変わりに他の生徒を教えるというものである。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第3問
児童養護施設は、保護者のない児童や虐待されている児童その他環境上養護を要する児童を入所させて、退所するまでの期間に限り支援することを目的としている。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第4問
日本国憲法が制定された後に児童福祉法が制定され、その後に児童憲章が制定された。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第5問
児童福祉法では幼児とは満1歳から小学校就学の始期までの児童のことを指す。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る