google+LINEで送る
保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第1問
「朝、幼稚園にきてから、帰るまで、幼稚園生活は、流れるように自然に進んでゆくのでなければならない。自由遊びから仕事へ、仕事から自由遊びへと、その境界はなくてよいはずである。用事にとっては、遊びと仕事の区別はない」と述べたのは倉橋惣三である。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第2問
平成8年に中央教育審議会で提唱された「生きる力」とは、自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質やその能力をその内容としている。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第3問
「万物をつくる者の手をはなれるときすべてはよいものであるが、人間の手にうつるとすべてが悪くなる。」は、エミールの著作『ルソー』の一説である。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第4問
児童福祉法では幼児とは満1歳から小学校就学の始期までの児童のことを指す。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第5問
重症心身障害児とは、重度の知的障害および重度の肢体不自由が重複している児童の事をいう。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る