google+LINEで送る
保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第1問
縦割り保育とは、複数の保育者がチームを組んで指導する形態のことをいう。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第2問
肢体不自由児施設の児童指導員と保育士の総数は、乳幼児おおむね20人につき1人以上、小学生以上の児童おおむね30人につき1人以上と規定されている。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第3問
子どもの権利ノートとは、施設に入所する児童に保障されている権利について書かれた小冊子であり、都道府県が作成し、施設入所の際に児童に配付される。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第4問
学校教育法第1条では幼稚園を学校と位置づけている。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第5問
コメニウスの『教育に関する考察』の序文の有名な言葉は「健全な身体に宿る健全な精神」である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る