google+LINEで送る
保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第1問
児童福祉施設には、施設の利用者の養護活動を行うだけでなく、地域福祉への取組みも求められている。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第2問
人間の発達が遺伝的性質と環境の影響との相互干渉によっておこるという考え方は、白紙説とよばれる。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第3問
親権者であれば、児童の養育を他人に委ねていても児童福祉法上の保護者に当たる。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第4問
アメリカの教育学者ハッチンズは、21世紀の社会で求められるのは「かしこく」「立派に生きる」ことであると述べ、それを援助するため、生涯にわたり学習条件が整備された社会のことを「学習社会」と命名した。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第5問
儒学者中江藤樹は、日本の陽明学の祖と言われ、「知行合一説」を唱えた。また、「子育ては人間の本質とも言うべき人間性を自覚させ、発揮させる仕事」と考え、「子どもは子どもらしい生活を営ませるべきである」と主張し、「近江聖人」と呼ばれた。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る