google+LINEで送る
保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第1問
肢体不自由児施設の児童指導員と保育士の総数は、乳幼児おおむね10人につき1人以上、小学生以上の児童おおむね20人につき1人以上と規定されている。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第2問
知的障害者福祉法には知的障害者の定義がされている。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第3問
小集団学習(グループ学習)は学級をいくつかに分けて行われる学習者相互の協力的学習である。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第4問
平成18年施行の改正教育基本法の新しい教育理念を踏まえ、学校教育法に義務教育の目標が定められた。

保育士試験問題「教育原理・社会的養護」 の 5問
第5問
石井十次が養護方針として掲げた岡山孤児院12則は、現代の児童養護でも十分に通用する先進的な養護方針であった。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る