google+LINEで送る
保育士試験問題「社会福祉」 の 5問
第1問
医学、心理学、法律など、社会福祉分野以外の専門家から的確な情報と意見を受けることをコンサルテーションという。

保育士試験問題「社会福祉」 の 5問
第2問
大学において社会福祉に関する「基礎科目」を修めて卒業しただけでは、社会福祉士試験の受験資格は得られない。

保育士試験問題「社会福祉」 の 5問
第3問
バイスティックの7原則とは、個別化、意図的な感情表出、統制された情緒的関与、受容、非審判的態度、クライアントの自己決定、秘密保持の7つの事を言う。

保育士試験問題「社会福祉」 の 5問
第4問
利用者や扶養義務者の経済的な能力に応じて負担を課すやり方を「応能負担」といい、低所得者にとっては制度利用しやすい方式である。

保育士試験問題「社会福祉」 の 5問
第5問
利用者や扶養義務者の経済的な能力に応じて負担を課すやり方を「応能負担」といい、低所得者にとっては制度利用が困難となる費用負担方式である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る