google+LINEで送る
保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第1問
保育所保育方針に「一人一人の子供の生育歴の違いに留意しつつ、欲求を適切に満たし、特定の保育士が応答的に関われるように努めること」とあるのは、3歳未満児の保育に関わる配慮事項である。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第2問
保育所保育方針に「一人一人の子供の生育歴の違いに留意しつつ、欲求を適切に満たし、特定の保育士が応答的に関われるように努めること」とあるのは、乳児の保育に関わる配慮事項である。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第3問
保育所保育方針に「全身運動が滑らかで巧みになり、快活に跳び回るようになる。これまでの体験から、自身や、予想や見通しを立てる力が育ち、心身ともに力があふれ、意欲が旺盛になる」とあるのは、おおむね4歳の発達過程である。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第4問
幼児期の認知の特徴に、夢で見た出来事を実際に起こったことと思う実念論や、絵の具を溶かしたジュースを本物と思ってしまうフェノメニズムなどがある。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第5問
新生児の足の裏を刺激すると、親指を反らせたり、他の4指を開いたりする動きを見せる。これをダーウィン反射と言う。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る