google+LINEで送る
保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第1問
保育所保育方針に「一人一人の子供の生育歴の違いに留意しつつ、欲求を適切に満たし、特定の保育士が応答的に関われるように努めること」とあるのは、3歳未満児の保育に関わる配慮事項である。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第2問
出生時に体重が2500gに満たない新生児を低出生体重児と呼ぶ。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第3問
不利益がともなう場合でも相手のためにする反社会的行為の基礎には役割取得が関わっている。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第4問
ヴィゴツキーは、自力で課題を解決できる水準を、仲間や大人の援助があれば達成できる水準の間の領域を「発達の最近接領域」と呼んだ。

保育士試験問題「保育の心理学」 の 5問
第5問
乳児は他人が指さした方向や目線の先にあるものを認め、自分も同じものに肝心を示す。この現象を共同注意という。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る