google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第1問
ピアジェの「発生的認識論」において、「具体的操作段階」は発達の最終段階である。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第2問
身体に障害がある児童、または疾患を放置すれば将来一定の障害を残すと認められる児童は、手術等の治療により確実な治療効果が期待できる場合には、自立支援医療の対象となる。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第3問
6か月未満児の睡眠は、うつぶせに寝かせるほうが良い。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第4問
2004年に策定された少子化対策は子ども・子育て応援プランと呼ばれ、2009年度までの5年間の具体的施策と目標が提示されている。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第5問
児童保護施設の職員である児童指導員および保育士の総数は、3歳未満の幼児おおむね2人につき1人以上、3歳未満の幼児おおむね4人につき1人以上と定められている。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る