google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第1問
出生数日後、体重が一時的に減少することを生理的体重減少といい、減少幅は出生体重の5~10%ほどである。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第2問
2歳未満の乳幼児は仰臥位で、2歳以上の幼児は立位で身長を測定し、1cm単位で計測する。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第3問
保育所保育指針の配慮事項では、3歳未満児は感染症にかかることが多いので、体の状態、機嫌、食欲などの日常の状態の観察を十分に行うとともに、適切な判断に基づく保険的な対応を心がけるとされている。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第4問
水疱性発疹が出たときは、水痘・手足口病・単純性ヘルペスウイルス感染症などにかかった疑いがある。

保育士試験問題「子どもの保健」 の 5問
第5問
川崎病は4歳以下の乳幼児に好発し、ウイルス性の熱性、発疹性疾患であるため抗生物質の投与が有効である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る