google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第1問
乳児にとって適した食べ物は母乳である。しかし、低出生体重児においては早く成長を促すためにも、人工乳を与えたほうが内臓への負担が少ないと言われている。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第2問
幼児期になり、積極的に家族の食卓に仲間入りするようになると、豊富な食物摂取や味を体験するようになる。加えて知的発達が目覚しく、言葉や表現が豊かになる。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第3問
肢体不自由児は、不自由な体を最大限に使って生活動作を行っているため、障害の無い子供に比べてエネルギー消費量が高い。そのため日常活動量に合わせた栄養量に配慮しなくてはいけない。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第4問
妊娠中は胎児の発育、血液の増加、胎盤や羊水の生産などにより、体重が増加する。体重が標準の女性では、最終的には分娩予定日のころに約10kg前後の増加となる。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第5問
1998年に「食生活指針」が策定され、小児期における食生活の重要性から「1日の食事のリズムから、健やかな生活リズムを」や「主食、副菜を基本に、食事のバランスを」などが示されている。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る