google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第1問
小児を取り巻く生活の外部(外枠)的要因の変化として、社会全体が夜型にシフトしており、夕食時間が遅くなり就寝も遅くなっているが、それは仕方ないことである。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第2問
2000年に「食生活指針」が策定され、小児期における食生活の重要性から「1日の食事のリズムから、健やかな生活リズムを」や「主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」などが示されている。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第3問
保護者からの幼児の食事で困っていることで訴えの多い順としては「よく噛まない」「散らかし食い」「小食」となっている。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第4問
食生活指針の内容は、実際の食生活において参考にするとともに、健康づくりをこころがけ、生活習慣病を予防するための留意点にもなっている。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第5問
幼児期後期になると家族や友達とコミュニケーションをとりながら食事を楽しむようになるが、話が楽しくて食事がいつも遅くなってしまうので早く食べるように促す。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る