google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第1問
脂溶性ビタミンには、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKがあり、主に肝臓に蓄積されるが、ビタミンAを過剰に摂取した乳児には、頭蓋内圧亢進の症例が見られることがある。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第2問
幼児期は、食べさせてもらう食事から自立して自分で食べる食事に変わり、大人と同じ大きさやかたさにしても工夫して食べるようになる。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第3問
食事摂取基準策定の基本的な考え方としては、摂取量や活用においても確率論的考え方を用い、生活習慣病の予防を特に重視している。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第4問
乳腺は思春期にも発育するが、妊娠中には約3倍の大きさになり、構成も完成する。妊娠末期には乳汁の分泌が可能になる。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第5問
2歳頃からは、食事場面で味覚や色を表現できるようになる、また、好き嫌いや偏食も見られるようになる。食事時間に叱ることや注意が多いと食欲をなくしてしまうようになる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る