google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第1問
栄養教育(食育)において積極的にカウンセリング技法を活用することは、信頼関係を築くうえで大切なことである。集団より個人のほうが教育効果が出やすいと言われている。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第2問
小児期の高脂血症であった者は成長後もその傾向を示すことが多い。とくに心臓疾患や脳血管障害を引き起こしやすいため、エネルギーや動物性脂肪のとりすぎや食物繊維の不足などに注意する必要がある。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第3問
食事介助をする場合は、介助者は対象の子供と同じ目の高さで行うことが大切である。高い位置からの介助は、頭を後ろにそり返すようになりやすい。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第4問
学童期における身体発育は小学生前半まではユックリしているが、4~5年ごろより著しい発育が見られる。この時期を第二発育急伸期と呼んでいる。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第5問
妊娠中の喫煙は胎児の発育を遅らせ、低体重児や未熟児の出生率が高くなることがわかっているが、ニコチン量の少ないものであれば影響は無い。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る