google+LINEで送る
保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第1問
脂溶性ビタミンには、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKがあり、主に肝臓に蓄積されるが、ビタミンAを過剰に摂取した乳児には、頭蓋内圧亢進の症例が見られることがある。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第2問
新生児は母親から免疫グロブリンを多くもらっているので生まれたからしばらくはウイルス感染にかかりにくく、元気に過ごすことが出来る。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第3問
学童期における身体発育は小学生前半まではユックリしているが、4~5年ごろより著しい発育が見られる。この時期を第一発育急伸期と呼んでいる。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第4問
栄養教育(食育)において積極的にカウンセリング技法を活用することは、信頼関係を築くうえで大切なことである。集団より個人のほうが教育効果が出やすいと言われている。

保育士試験問題「子どもの食と栄養」 の 5問
第5問
食物繊維は消化酵素で消化されない食品中の難消化性成分のことで、水に溶けない野菜や芋のスジなどの繊維だけを指している。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る