google+LINEで送る
保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第1問
mp(メッゾピアノ)、p(ピアノ)、pp(ピアニッシモ)は、どれも音を弱くする意味を表す記号である。

保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第2問
エプロンのポケットから人形を取り出し、エプロンに貼り付けたり外したりしながらエプロンを舞台にしてお話や歌を展開していく活動をエプロンシアターという。

保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第3問
子どもの描画表現のもっとも所期の段階は錯画期(なぐりがき期)と呼ばれ、鉛筆やクレヨンを腕の運動に任せて動かし、点を打ったり線を引いたりして、形を書くことは無い。

保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第4問
保育所保育指針では「保育所の社会的責任」について、「保育所は、子どもの人権に十分配慮するとともに、子ども一人一人の人格を尊重して保育を行わなければならない」としている。

保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第5問
M.M.(エムエム)はメトロノームの速度を表す。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る