google+LINEで送る
保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第1問
乳児院は集団生活の場であるので、その生活に早く慣れさせるために、保育士は子ども一人ひとりへの対応よりも集団への対応を重視しながらかかわっていくことが大切である。

保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第2問
保育所保育指針では「おおむね1歳3ヶ月から2歳未満」の発達過程について「大人の言うことがわかるようになり、自分の意志を親しい大人に伝えたいと言う欲求が高まる。指差し、身振り、片言などを盛んに使うようになり、一語文を話し始める」とある。

保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第3問
rallentando(ラレンタンド)は、「だんだんゆるやかに」という意味を表す記号である。

保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第4問
鉛筆やクレヨンで点を打ったり線を引いたりして手の運動によって描くことをスクリブルという。

保育士試験問題「保育実習理論」 の 5問
第5問
情緒障害児短期治療施設における心理療法及び生活指導は、「児童の社会的適応能力の回復を図り、児童が、当該情緒障害児短期治療施設を退所した後、健全な社会生活を営むことができるように行わなければならない」と児童福祉施設最低基準に示されている。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る