google+LINEで送る
インテリアコーディネーター の 10問
第1問
住宅設備に関する次の記述は正しいでしょうか?

低地に建つ住宅などで、大型の床下収納ユニットを設置する場合には、集中豪雨などによって地下水位が上がった時の浮力の影響を考慮し、コンクリートのベースを設けて取り付けておくのがよい。

インテリアコーディネーター の 10問
第2問
照明ランプに関する関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

メタルハライドランプは同じHIDランプである高圧水銀ランプに比べ、【   】やランプ効率が改善されている。

インテリアコーディネーター の 10問
第3問
カーペットに関する次の記述は正しいでしょうか?

ウイルトンカーペットとアキスミンスターカーペットは、ともにパイル織機で作られる機械織りカーペットである。表面テクスチャーも使用可能な色糸・柄糸数などまったく同じなので、特に区別する必要はない。

インテリアコーディネーター の 10問
第4問
住宅設備に関する次の記述は正しいでしょうか?

ユニットバスは使用後の手入れの容易さを考慮して、製造段階で箱型に組み立ててしまうので、住宅の建築現場には、間仕切り壁の施工前に搬入することになる。

インテリアコーディネーター の 10問
第5問
建物やインテリアのデザインには、メンテナンスを考慮した生活の知恵があるが、次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

建物の外壁に泥はねが上がり難いよう、石やコンクリートの【   】を作るなど、建物の基礎からの立ち上がりが考えられている。

インテリアコーディネーター の 10問
第6問
インテリアに関連する法規や規格に関する次の記述は正しいでしょうか?

スキップフロアで、床のレベル差が1m以下のところに設ける階段には、法規上では手摺りを付けなくともよいが、高齢者や幼児がいる住宅では、安全上、手摺りを付けることが望ましい。

インテリアコーディネーター の 10問
第7問
照明器具の材料と仕上げに関する次の記述は正しいでしょうか?

ポリカーボネイトは耐熱性と耐衝撃性の大きい素材なので、照明器具材料としてよく使用されているが、光の透過性に劣るため、照明カバーやグローブには使わない。

インテリアコーディネーター の 10問
第8問
マンションリフォームに関する次の記述の【   】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

壁ひとつを隔て、多くの家族が住み分けているマンション(集合住宅)では、各住戸部分を所有する区分所有者が自由に改変できる部分は、その住戸内の【   】に限られている。

インテリアコーディネーター の 10問
第9問
インテリアに関連する法規や規格に関する次の記述は正しいでしょうか?

木造住宅のダイニングキッチンは、内装制限の対象となるが、床から高さ1mまでの壁の部分は、可燃性の羽目板張りにすることができる。

インテリアコーディネーター の 10問
第10問
照明ランプに関する関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

100Wの一般照明用白熱電球の口金サイズは【   】である。白熱電球でも種類によって口金のサイズに違いがあるので注意が必要である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る