google+LINEで送る
インテリアコーディネーター の 10問
第1問
仕上げ材に関する次の記述に、該当するものを一つ選びなさい。

吸水したり、吸湿したときに、強度が最も低下するものはどれか。

インテリアコーディネーター の 10問
第2問
塗装に関する次の記述に、最も適当なものを選びなさい。

食卓の甲板などに用いられる塗装で、紫外線の照射で塗膜硬度が7~8Hまで得られる。

インテリアコーディネーター の 10問
第3問
壁仕上げ材の工事費に関する次の記述は正しいでしょうか?

タイル張り工事費には、材料費と施工費が含まれる。材料のタイルには一般的な平物(普通のタイル)と、施行部分の角や隅につかう役物があるが、見積もりは両方を一括した平米単位で行われる。

インテリアコーディネーター の 10問
第4問
照明と仕上げ材の関係に関する次の記述は正しいでしょうか?

建築化照明で白熱灯のランプ露出器具を使用する場合、仕上げ材が焼けたり変色するのを防ぐため、壁面や天井面から一定の距離をとることが必要である。しかし、蛍光灯の場合はランプから生じる熱の心配がないのでその必要はない。

インテリアコーディネーター の 10問
第5問
生ゴミ処理機に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

ヒーターの付いた処理機なので、生ゴミを【   】させ、減量化したうえで処理する。堆肥として使えるが、活用場所がないときは、燃えるゴミとして破棄することになる。

インテリアコーディネーター の 10問
第6問
照明器具の使用環境に関する次の記述は正しいでしょうか?

一般の蛍光灯は周囲温度によって発光効率が変化する。特に寒冷地の屋外や冷房の風が直接当たるような場合は、ランプが露出していると光束が減少したり、点灯困難になることもある。

インテリアコーディネーター の 10問
第7問
環境に配慮した壁紙に関する次の記述は正しいでしょうか?

塗装下地壁紙には、麻や綿で織った薄い布状の寒冷紗と呼ばれるものや、再生紙を主原料にしてウッドチップをすき込み、表面に凹凸を付けたものなどがある。

インテリアコーディネーター の 10問
第8問
カーペットの素材に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

ホットカーペットなどに多く使用される【   】は、熱に強く、丈夫で形態安定性に優れ、しわになりにくい。また、吸湿性が少なく、ぬれても乾きが早い。

インテリアコーディネーター の 10問
第9問
塗装の実務用語に関する次の記述に、該当する語句を一つ選びなさい。

塗料を塗り重ねる場合、下層の塗料が浮き出て上塗りの色を変える現象のことをいう。顔料によっては、かなり年月がたった後でも起こる現象である。

インテリアコーディネーター の 10問
第10問
レンジフードに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

外気に面していない場所に設置した場合のダクトは、【   】か角ダクトを使用する。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る