google+LINEで送る
インテリアコーディネーター の 20問
第1問
洗面所で使われる商品に関する次の記述は正しいでしょうか?

洗面所にある鏡の照明は、顔に向かって十分な明るさがあるとともに、眩しさの少ない器具がよい。従って、頭上からのダウンライト照明が最も効果的である。

インテリアコーディネーター の 20問
第2問
塗装に関する次の記述は正しいでしょうか?

和室の白木の柱などに手垢などがつくのを防ぐため、汚れ止めワックス仕上げにした。

インテリアコーディネーター の 20問
第3問
家具の地震対策に関する次の記述は正しいでしょうか?

食器棚などの大きな扉付き家具に、収納物の飛び出しを防ぐため取り付ける開放防止器具は、扉の上部や下部を避け中央部に取り付けるのがよい。

インテリアコーディネーター の 20問
第4問
塗装に関する次の記述に、最も適当なものを選びなさい。

石膏ボード下地の壁を、淡い色の艶のない仕上げにしたいが、塗装の際の匂いを最小にしたいとの条件で選んだ方法。

インテリアコーディネーター の 20問
第5問
ガラス製品に関する次の記述は正しいでしょうか?

熱線反射ガラスは一種のハーフミラーで、昼間は室内からは視線が透り、外部からは適度に遮光して室内の明るさを保つと共に、太陽光の放射エネルギーを反射するので、夏期には冷暖房率を高め、省エネルギー対策にも有効である。

インテリアコーディネーター の 20問
第6問
換気用機器に関する次の記述は正しいでしょうか?

便所には人感センサー、洗面所には湿度センサー、浴室には結露センサー、そして、タバコの煙が発生しがちな居間には煙センサーというように、使用場所に適したセンサー付き換気扇があります。

インテリアコーディネーター の 20問
第7問
住宅の設備に関する次の記述は正しいでしょうか?

便所や厨房など、室内で汚染物質が発生すると考えられる部屋の換気に、第2種機械換気方式を採用した。

インテリアコーディネーター の 20問
第8問
環境に配慮した壁紙に関する次の記述は正しいでしょうか?

塗装下地壁紙には、麻や綿で織った薄い布状の寒冷紗と呼ばれるものや、再生紙を主原料にしてウッドチップをすき込み、表面に凹凸を付けたものなどがある。

インテリアコーディネーター の 20問
第9問
浄水器に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

アルカリ水は、飲用や料理に適し、【   】は、食器洗いや洗顔後の肌の手入れなどに適している。

インテリアコーディネーター の 20問
第10問
カーペットに関する次の記述は正しいでしょうか?

制電性能は静電気による人体の不快感や、コンピュータの誤作動防止のために重要な機能である。最近主に事務所用として、超制電性能を持つカーペットが商品化されている。

インテリアコーディネーター の 20問
第11問
照明器具の使用環境に関する次の記述は正しいでしょうか?

一般の蛍光灯は周囲温度によって発光効率が変化する。特に寒冷地の屋外や冷房の風が直接当たるような場合は、ランプが露出していると光束が減少したり、点灯困難になることもある。

インテリアコーディネーター の 20問
第12問
歴史に関する次の記述の【  】の部分に、該当するものを一つ選びなさい。

日本が明治初期の文明開化の頃、イギリスでは【   】らによるアーツ・アンド・クラフツの運動が進められていた。

インテリアコーディネーター の 20問
第13問
床暖房設備に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

床暖房設備は、電気を利用する方法と温水を利用する方法に二つに分かれる。電気を利用する方法としてはニクロム線を発熱体とするものと、【   】を発熱体とするものが一般的だが、後者の方が熱効率がよく、施工上厚みが小さくてすむので、マンションのリフォームなどには適している。

インテリアコーディネーター の 20問
第14問
モダンデザインに関する次の記述について、最も関係の深い人物を選びなさい。

アメリカの建築家【   】は、TWA空港ビルなどの建築設計のほか、強化プラスチックとアルミニウムによる優美な形態の「チューリップチェア」のデザインでも知られている。

インテリアコーディネーター の 20問
第15問
電気製品に関する次の記述は正しいでしょうか?

住宅に多く使われるようになったヒートポンプ式冷暖房機の消費電力は、一般に暖房時より冷房時の方が大きい。

インテリアコーディネーター の 20問
第16問
照明器具の材料と仕上げに関する次の記述は正しいでしょうか?

アルミニウムは成形性や放熱性に優れ、かつ柔らかいため絞り加工などがしやすい。また光の反射率が高いことから、電解研磨アルマイト加工や銀色表面仕上げなどをおこなって、ダウンライトや蛍光灯埋め込み器具の反射鏡によく使われる。

インテリアコーディネーター の 20問
第17問
内装材と照明に関する次の記述は正しいでしょうか?

タイル張りの浴室に防湿型ブランケット器具で照明をする場合、器具取り付け面を平滑に仕上げ、防水性を損なわないようにする。そのため器具はできるだけタイルモデュールに合わせるか、目地など凹凸のあるところは防水シール剤で平らな面に仕上げることが望ましい。

インテリアコーディネーター の 20問
第18問
カーテンの素材に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

同じ合成繊維で【 ウ 】に似せて開発されたアクリルはドレーパリーなどに使われるもので、軽く弾力性があり、しわになりにくく、保温性にも優れている。

インテリアコーディネーター の 20問
第19問
住宅設備機器に関する次の記述は正しいでしょうか?

日本国内の住宅配電は、周波数が50Hzと60Hz、電圧が100Vと200Vの地域がある。したがって。電気設備・機器には地域によっては使用できないものがあるので注意が必要である。

インテリアコーディネーター の 20問
第20問
歴史に関する次の記述の【  】の部分に、該当するものを一つ選びなさい。

チャールズ・イームズらが【   】の工業技術を活かした、新しいイメージの家具のデザインを発表したのは、主に第二次世界大戦の1950年代である。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る