google+LINEで送る
インテリアコーディネーター の 20問
第1問
床材に関する次の記述は正しいでしょうか?

【コルクタイル】・・・天然木材の外皮の一部を板状にしたものや、粒状に粉砕し合成樹脂で固めたもので、吸音・防振性にも富んでいる。

インテリアコーディネーター の 20問
第2問
システムキッチンに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

システムキッチンは、キャビネットの側面全体を覆う【   】や、ウォールキャビネットと天井の間をふさぐ幕板や、部材調整のフィラーなどを使って全体を仕上げる傾向がある。

インテリアコーディネーター の 20問
第3問
日本の建築史に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

書院造りにおいては、それまでの重い開き戸形式の建具は一般に使われなくなり、開け閉めが容易に引き違い形式の【   】が多く用いられた。

インテリアコーディネーター の 20問
第4問
建物やインテリアのデザインには、メンテナンスを考慮した生活の知恵があるが、次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

建物の外壁に泥はねが上がり難いよう、石やコンクリートの【   】を作るなど、建物の基礎からの立ち上がりが考えられている。

インテリアコーディネーター の 20問
第5問
塗装の実務用語に関する次の記述に、該当する語句を一つ選びなさい。

筆などを使用し、引っかき傷や色抜け、色落ちなどを部分的に補修することをいう。

インテリアコーディネーター の 20問
第6問
ランニングコストに関する次の記述は正しいでしょうか?

水道料金が通常よりも多いなどの異常を感じたときは、全ての吐水口を閉めてから、水道メーターの指針が動いているかどうかを確認する。もし動いているときは、配管の部分のどこかで漏水していることがある。

インテリアコーディネーター の 20問
第7問
次の住宅の材料について、最も価格の高いものを選びなさい。

ボード(910mm×1820mm)

インテリアコーディネーター の 20問
第8問
換気・通風に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

喫煙を行わない在室者による空気汚染を考える場合は、1人あたりの取り入れ外気量として【   】立方平方メートル程度を確保する必要がある。

インテリアコーディネーター の 20問
第9問
壁仕上げ材の工事費に関する次の記述は正しいでしょうか?

左官工事は、下塗り、中塗り、上塗りと数回に分けて施行する場合があるが、工事費は下塗りから上塗りまでを含めた平米単価で見積もる。

インテリアコーディネーター の 20問
第10問
ファブリックの性能に関する次の記述は正しいでしょうか?

開口部に使用するカーテンには、耐光性があり選択にも耐えうるものを使いたい。耐光堅ろう度は1級から8級の数値で、耐洗たく堅ろう度は1級から5級の数値で表現されており、いずれも数値の小さいものが性能に優れている。

インテリアコーディネーター の 20問
第11問
浄水器に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

アルカリイオン整水器は、水道水を浄化すると同時に、【   】してアルカリイオン水と酸性水とに分離する機能をもつ装置である。

インテリアコーディネーター の 20問
第12問
高齢者や身障者向けの設備・商品に関する次の記述は正しいでしょうか?

一日の大部分をベッドの上で暮らさなければならない人のために、姿勢変換機能を持ったギャッチベッド、高さが変えられるハイローベッドの他に、便器付きベッド、バスベッドなどがある。また、床擦れ防止のためにエアーマットも利用されている。

インテリアコーディネーター の 20問
第13問
室内音響に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

鳴竜現象の防止には、室内の対向面が平行とならないようにし、少なくとも一方の【   】を高める。

インテリアコーディネーター の 20問
第14問
収納に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

システム家具といわれるものは、必要に応じてパーツを組み合わせ構成することができるもので、一般にユニット家具と呼ばれるような比較的小型の箱などで構成されるものと、造り付けの状態になる大型の【   】に分けられる。

インテリアコーディネーター の 20問
第15問
歴史に関する次の記述の【  】の部分に、該当するものを一つ選びなさい。

日本が明治初期の文明開化の頃、イギリスでは【   】らによるアーツ・アンド・クラフツの運動が進められていた。

インテリアコーディネーター の 20問
第16問
照明と仕上げ材の関係に関する次の記述は正しいでしょうか?

暖色系のカーペットを敷いた室内で、暖かな空間の雰囲気をより高めるためには、床面照度を同じにしたとき、半直接形配光の蛍光灯直付け器具照明よりも、直接形配光の白熱灯ダウンライト器具による照明の方がよい。

インテリアコーディネーター の 20問
第17問
浴室用の設備機器に関する次の記述は正しいでしょうか?

浴槽などに給水給湯する場合に、あらかじめ設定された水量に達すると、給水給湯が自動的に停止する機能を持った水栓を定量止水栓という。

インテリアコーディネーター の 20問
第18問
高齢者の照明環境に関する次の記述は正しいでしょうか?

色に対する識別・判別能力は加齢と共に低下する。特に青や紺、紫といった系統の色が見えにくくなり、黒ずんで見えるので、それらの色がよりよく見えるようにするには、演色性の高いランプで高照度に照明をする必要がある。

インテリアコーディネーター の 20問
第19問
カーペットに関する次の記述は正しいでしょうか?

カーペットの防炎ラベルは、火災のときに燃焼しないという意味ではない。実際に炎を使った実験で、一定の火源による着火のしにくさを示すものであり、その基準に合格したものにつけられる認定表示である。

インテリアコーディネーター の 20問
第20問
塗装に関する次の記述に、最も適当なものを選びなさい。

石膏ボード下地の壁を、淡い色の艶のない仕上げにしたいが、塗装の際の匂いを最小にしたいとの条件で選んだ方法。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る