google+LINEで送る
インテリアコーディネーター の 5問
第1問
内装材と照明に関する次の記述は正しいでしょうか?

壁紙を小サンプルで見たときと、実際の部屋に広く貼ってみたときの色彩イメージは異なる。これは面積効果によるもので、例えば彩度の高いものは広く貼ったときのほうがより鮮やかに見える。このような現象を緩和するためには、高演色性のランプで明るく照明することが必要である。

インテリアコーディネーター の 5問
第2問
ホームエレベーターに関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

昇降行程は【   】m以下(4階以下)で、地上4階か、地上3階+地下1階の4停止までで、階高は2.4m以上でなければならない。

インテリアコーディネーター の 5問
第3問
高齢者の照明環境に関する次の記述は正しいでしょうか?

長時間にわたり作業や読書をする場合、特に手元を十分に明るくすることが必要である。その場合ちらつきとまぶしさの少ない局部照明を使用し、その光で照度が十分に満足しても、更にその上に全般照明を点灯したほうがよい。

インテリアコーディネーター の 5問
第4問
水回りの設備機器に関する次の記述の【  】の部分に、最も適当なものを選びなさい。

熱量の節減としては、数カ所の給湯と風呂の給湯が一台の給湯機でできるものがあり、また自然のエネルギーを利用した設備として、【   】温水器と組み合わせた給湯器もある。

インテリアコーディネーター の 5問
第5問
建築基準法などの内装制限に関する次の記述は正しいでしょうか?

壁装仕上げの下地に多様される石膏ボードには、厚さなどその仕様によって不燃材料のものと準不燃材料のものがあるので、選定の際によく確認する必要がある。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る