google+LINEで送る
インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第1問
浴室用の設備機器に関する次の記述は正しいでしょうか?

洗い場の排水金具は従来丸形が使用されていたが、最近は横長型の排水ユニットが使われるようになった。タイル割りがきれいに納まるなどの利点があるが、勾配がとり難く、トラップがついていないなどの問題がある。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第2問
住宅の防災・防犯に関する次の記述は正しいでしょうか?

カメラ付きドアホーンと電気錠その他をセットにしたセキュリティシステムは、モニターテレビで相手を認識して解錠できるので、来客や家族退の帰宅のたびに門や玄関まで行かなくてすみ便利である。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第3問
照明と仕上げ材の関係に関する次の記述は正しいでしょうか?

建築化照明で白熱灯のランプ露出器具を使用する場合、仕上げ材が焼けたり変色するのを防ぐため、壁面や天井面から一定の距離をとることが必要である。しかし、蛍光灯の場合はランプから生じる熱の心配がないのでその必要はない。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第4問
建築基準法などの内装制限に関する次の記述は正しいでしょうか?

木造の戸建住宅の場合、火を使う室のみが内装制限の対象になるので、キッチンなどがそれに当たることになるが、最上階にあるキッチンには適用されない。従って平屋建ての住宅のキッチンは対象外になる。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第5問
カーテンの仕立てと見積もりに関する次の記述は正しいでしょうか?

カーテンのプリーツを安定させるためには、カーテンの両端にウエイトテープを縦方向に縫いつけるのがよい。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第6問
換気用機器に関する次の記述は正しいでしょうか?

気密性が高い居間の換気不足を補うために、給気清浄フィルターで外気の汚れやゴミを除去した新鮮な空気を取り入れ、汚れた室内の空気を外に出す、給排気を並行して積極的に行える換気扇がある。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第7問
住宅の歴史に関する次の記述は正しいでしょうか?

大正末期に現れた初期の和洋折衷住宅は、外観や応接室など、生活に直接関わらない部分に、洋風を取り入れたものが多かった。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第8問
人間工学に関する次の記述は正しいでしょうか?

机やテーブルのような準人体系家具を計画する場合、水平方向については動作域などの人体寸法を優先させ、垂直方向のものや空間の寸法を 優先させる。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第9問
照明と仕上げ材の関係に関する次の記述は正しいでしょうか?

畳や木など天然素材を多く使用している和室では、昼光によって素材の変色が起きやすい。同様に紫外線および紫外線に近い波長域を多く含む一般照明用光源でも、高照度照明を長時間行うことで変色する。

インテリアコーディネーター○×問題 の 10問
第10問
次の記述は正しいでしょうか?

人体の重心の位置は、成人の場合慎重の2/1の高さよりやや上よりで、へその少し下にある。このことから、アイロン掛けなどに使う作業台の高さは、へそより高めに設定するのがよい。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る