google+LINEで送る
ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第1問
A社では新たなシステムの開発を予定している。そのシステムの著作権をA社に帰属させるために必要なことだけを全て挙げたものはどれか。ここで,著作権に関する特段の契約や取決めはない。
〔1〕A社は開発の全てを委託する。
〔2〕A社は開発を委託した会社と機密保持契約を締結する。
〔3〕A杜の社員と派遣社員によって開発する。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第2問
バイオメトリクス認証に該当するものはどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第3問
無線LANの環境において,アクセスポイントと端末に設定するESSIDに関する記述として,適切なものはどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第4問
コーポレートガバナンスを説明したものとして,適切なものはどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第5問
システムの開発や運用を海外の事業者や海外の子会社に委託することを表す用語はどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第6問
ITサービス提供のためのIT機器類を設置しているデータセンタにおいて,IT機器類の冷却や電源,建物への入退館といった物理的環境面での管理を責務とする活動として,適切なものはどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第7問
システム監査の実施内容に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第8問
同じ容量の2台のハードディスクを使う記録方式を考える。2台をストライピングする方式と比較して,ミラーリングする方式では,記録できる情報量は何倍になるか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第9問
Apacheと称されるオープンソースソフトウェアの用途はどれか。

ITパスポート試験(アイパス) の 10門
第10問
タッチパネルに関する記述として,適切なものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る