google+LINEで送る
2級管工事施工管理技士 の 10問
第1問
ダクトの施工に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

2級管工事施工管理技士 の 10問
第2問
鉄筋コンクリートに関する記述のうち、適当でないものはどれか。

2級管工事施工管理技士 の 10問
第3問
下水道に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

2級管工事施工管理技士 の 10問
第4問
休日及び休日の割増賃金に関する文中、【   】内に当てはまる語句の組合せとして、「労働基準法」上、正しいものはどれか。

使用者は、労働者に対して、毎週少くとも1回の休日、又は4週間を通じ【 A 】以上の休日を与えなければならない。また、使用者が、労使の協定の定めによってその休日に労働させた場合は、通常の労働日の賃金の【 B 】以上の割増賃金を支払わなければならない。

2級管工事施工管理技士 の 10問
第5問
ダクト及びダクト付属品の施工に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

2級管工事施工管理技士 の 10問
第6問
機器の据付けに関する記述のうち、適当でないものはどれか。

2級管工事施工管理技士 の 10問
第7問
換気設備に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

2級管工事施工管理技士 の 10問
第8問
施工図又は製作図に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

2級管工事施工管理技士 の 10問
第9問
建設業者が請け負った管工事の当該工事現場に置かなければならない主任技術者として、「建設業法」上、その要件を満たしていない者はどれか。

2級管工事施工管理技士 の 10問
第10問
酸素欠乏危険作業に関する文中、?【   】内に当てはまる、「労働安全衛生法」上に定められている語句と数値の組合せとして、正しいものはどれか。

事業者は、し尿を入れたことのあるタンクの内部での作業に労働者を従事させる場合は、その日の作業を開始する前に、当該作業場における空気中の【 A 】の濃度を測定しなければならない。また、事業者は、【 A 】の濃度の測定を行ったときは、そのつど、所定の事項を記録して、これを【 B 】年間保存しなければならない。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る