google+LINEで送る
二級建築士国家試験 の 10門
第1問
張り間方向に図のような断面(けた行方向には同一とする。)を有するA~Cの各室の天井の高さについて、建築基準法の規定への適合・不適合の組合せとして、正しいものは、次のうちどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第2問
コンクリート工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第3問
窓又は扉等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第4問
構造計算における建築物の地上部分の地震力と最も関係の少ないものは、次のうちどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第5問
建築物の各部の寸法及び床面積に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第6問
鉄筋コンクリート構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第7問
鉄筋工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第8問
型枠工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第9問
木質構造の接合に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第10問
図のような荷重を受ける単純梁のA点における曲げモーメントの大きさとして、正しいものは、次のうちどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る