google+LINEで送る
二級建築士国家試験 の 10門
第1問
鉄筋工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第2問
電気設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第3問
木造軸組工法における部材の接合箇所とそこに使用する接合金物との組合せとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第4問
平家建の建築物に設ける便所の設計を次のようにした場合、建築基準法に適合しないものはどれか。ただし、建築物は下水道法第2条第八号に規定する処理区域内にあるものとする。

二級建築士国家試験 の 10門
第5問
都市計画区域内における建築物の延べ面積(容積率の算定の基礎となるもの)、容積率及び建ぺい率に関する次の記述のうち、建築基準法上、正しいものはどれか。ただし、用途地域及び防火地域以外の地域、地区等並びに特定行政庁の指定・許可等は考慮しないものとする。

二級建築士国家試験 の 10門
第6問
建築材料とその用途・使用部位との組合せとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第7問
施工機械及び器具の使用に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第8問
建築環境工学に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 10門
第9問
建築物の構造強度に関する次の記述のうち、建築基準法に適合しないものはどれか。ただし、構造計算等による安全性の確認は行わないものとする。

二級建築士国家試験 の 10門
第10問
次の記述のうち、誤っているものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る