google+LINEで送る
二級建築士国家試験 の 5門
第1問
図のような敷地において、耐火建築物を新築する場合、建築基準法上、新築することができる建築物の建築面積の最高限度は、次のうちどれか。ただし、図に記載されているものを除き、地域、地区等及び特定行政庁の指定等はなく、図に示す範囲に高低差はないものとする。

二級建築士国家試験 の 5門
第2問
市計画区域内のイ~ニの敷地について、建築基準法上、敷地と道路との関係で、建築物を建築することができないもののみの組合せは、次のうちどれか。ただし、特定行政庁の許可は受けないものとする。

イ.幅員 12mの市道沿いの幅2mの水路にのみ4m接している敷地
ロ.建築基準法第3章の規定が適用されるに至った際現に建築物が建ち並んでいる幅員4m未満の私道で、特定行政庁の指定したものにのみ3m接している敷地
ハ.建築基準法第3章の規定が適用された後に築造された幅員4mの農道にのみ2m接している敷地
ニ.非常災害が発生した区域(防火地域以外の区域とする。)の内において、被災者が自ら使用する目的で、その災害が発生した日から1月以内にその工事に着手する延べ面積が 30㎡の応急仮設住宅の建築のため、幅員6mの村道にのみ 1.8m接している敷地

二級建築士国家試験 の 5門
第3問
建築材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 5門
第4問
杭工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

二級建築士国家試験 の 5門
第5問
次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る