google+LINEで送る
2級建築士○×問題 の 10問
第1問
次の記述は正しいでしょうか?

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」上、長期優良住宅建築等計画の認定を受けようとする共同住宅の規模は、原則として、住戸の少なくとも一の階の床面積(階段部分の面積を除く。)が 40㎡以上であり、一戸の床面積の合計(共用部分の床面積を除く。)が 75㎡以上でなければならない。

2級建築士○×問題 の 10問
第2問
次の記述は、建築基準法上、正しいでしょうか?

屋根の積雪荷重は、屋根に雪止めがある場合を除き、その勾配が 60度を超える場合においては、零とすることができる。

2級建築士○×問題 の 10問
第3問
建築基準法の適用除外等に関する次の記述は、正しいでしょうか?

景観法の規定により景観重要建造物として指定された建築物のうち、保存すべきものについては、市町村は、国土交通大臣の承認を得て、条例で、建築基準法の所定の規定の全部若しくは一部を適用せず、又はこれらの規定による制限を緩和することができる。

2級建築士○×問題 の 10問
第4問
次の記述は、建築基準法上、正しいでしょうか?

建築物に作用する荷重及び外力としては、固定荷重、積載荷重、積雪荷重、風圧力、地震力のほか、建築物の実況に応じて、土圧、水圧、震動及び衝撃による外力を採用しなければならない。

2級建築士○×問題 の 10問
第5問
次の記述は、建築基準法上、正しいでしょうか?

道路高さ制限において、建築物の敷地の地盤面が前面道路より1m以上高い場合においては、その前面道路は、敷地の地盤面と前面道路との高低差から1mを減じたものの 1/2 だけ高い位置にあるものとみなす。

2級建築士○×問題 の 10問
第6問
次の記述は、建築基準法上、正しいでしょうか?

鉄道のプラットホームの上家は、「建築物」ではない。

2級建築士○×問題 の 10問
第7問
建築基準法の適用除外等に関する次の記述は、正しいでしょうか?

景観法の規定により景観重要建造物として指定された建築物のうち、保存すべきものについては、市町村は、国土交通大臣の承認を得て、条例で、建築基準法の所定の規定の全部若しくは一部を適用せず、又はこれらの規定による制限を緩和することはできない。

2級建築士○×問題 の 10問
第8問
次の記述は、建築基準法上、正しいでしょうか?

都市計画法による新設の事業計画のある道路であっても、2年以内にその事業が執行される予定のものとして特定行政庁が指定しなければ、建築基準法上の道路に該当しない。

2級建築士○×問題 の 10問
第9問
次の記述は、建築基準法上、正しいでしょうか?

内装の制限を受ける居室の天井の回り縁は、内装の制限の対象とはならない。

2級建築士○×問題 の 10問
第10問
次の記述は、正しいでしょうか?

自ら所有する不動産の賃貸及び管理をする行為は、「宅地建物取引業法」上、宅地建物取引業に該当する。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る