google+LINEで送る
建築物環境衛生管理技術者試験 の 5門
第1問
ビルクリーニング用機械に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

建築物環境衛生管理技術者試験 の 5門
第2問
給水設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

建築物環境衛生管理技術者試験 の 5門
第3問
ある部屋の作業面の必要照度が500lxであった。ランプ1灯当たりの光束が2,500lmのランプの灯数として、最も近いものは次のうちどれか。ただし、その部屋の床面積は50m2、照度率を0.6、保守率0.7とする。

建築物環境衛生管理技術者試験 の 5門
第4問
ちゅう房排水除害施設に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

建築物環境衛生管理技術者試験 の 5門
第5問
循環配管の管長が80mの給湯設備で給湯循環流量を6L/minとした場合、循環配管からの単位長さ当たりの熱損失の値として、最も近いものは次のうちどれか。ただし加熱装置における給湯温度と返湯温度の差を5℃とする。算定式は次式を使う。
Q = 0.0143 × HL ÷ ⊿t
ここで、Q : 循環流量 [L/min]
HL : 循環配管から熱損失 [W]
⊿t : 加熱装置における給湯温度と返湯温度との差 [℃]

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る