google+LINEで送る
1級建築施工管理技士 の 10門
第1問
仕上工事の施工計画に関する記述として、最も不適当なものはどれか。ただし、仕上げを施す下地はコンクリート面とする。

1級建築施工管理技士 の 10門
第2問
改質アスファルトシート防水工事(トーチ工法)に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1級建築施工管理技士 の 10門
第3問
アスファルト防水材料に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1級建築施工管理技士 の 10門
第4問
コンクリートの打込みに関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1級建築施工管理技士 の 10門
第5問
採光に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1級建築施工管理技士 の 10門
第6問
次の記述のうち、「建築基準法」上、誤っているものはどれか。

1級建築施工管理技士 の 10門
第7問
鉄筋のガス圧接継手の試験及び検査に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1級建築施工管理技士 の 10門
第8問
換気に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1級建築施工管理技士 の 10門
第9問
石材に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

1級建築施工管理技士 の 10門
第10問
合成樹脂塗り床に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る