google+LINEで送る
1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第1問
仕上工事の施工計画に関する次の記述は適当でしょうか?

タイル工事において、密着張りにおける振動工具による加振は、張付けモルタルがタイルの周囲から目地部分に盛り上がる状態になるまで行うこととした。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第2問
避難施設等に関する次の記述は、「建築基準法」上、正しいでしょうか?

避難階段から屋外に通ずる出口に設ける戸の施錠装置は、原則として、屋内からかぎを用いることなく解錠できるものとする。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第3問
品質管理の用語に関する次の記述は適当でしょうか?

ばらつきとは、観測値・測定結果の大きさがそろっていないこと、又は不ぞろいの程度をいう。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第4問
鉄筋コンクリート造の耐震改修工事における柱補強工事に関する次の記述は適当でしょうか?(※dは異形鉄筋の呼び名の数値又は鉄筋径とする。)

連続繊維補強工法で炭素繊維シートを用いたシート工法において、シートの水平方向の重ね継手位置は柱の各面に分散させ、重ね長さは200 mm 以上とした。

1級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第5問
鉄筋のガス圧接継手の試験及び検査に関する次の記述は適当でしょうか?

超音波探傷試験において、不合格となった圧接部については、切り取って再圧接した。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る