google+LINEで送る
2級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第1問
鉄骨構造の接合に関する次の記述は適当でしょうか?

応力を伝達させる主な溶接継目の形式は、完全溶込み溶接、部分溶込み溶接、隅肉溶接である。

2級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第2問
アルミニウム製建具に関する次の記述は適当でしょうか?

表面処理が陽極酸化被膜のアルミニウム製部材がモルタルに接する箇所には、耐アルカリ性の塗料を塗布した。

2級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第3問
カーペット敷きに関する次の記述は適当でしょうか?

タイルカーペットは、粘着はく離形の接着剤を下地に均一に塗布し、オープンタイムを確保した後、張り付けた。

2級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第4問
折板葺に関する次の記述は適当でしょうか?

タイトフレームと下地材との接合はスポット溶接とし、スラグ除去後に錆止め塗装を行った。

2級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第5問
普通コンクリートを用いた場合の鉄筋のかぶり厚さに関する次の記述は適当でしょうか?

D29の柱主筋のかぶり厚さは、主筋の呼び名に用いた数値の1.5倍以上とした。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る