google+LINEで送る
2級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第1問
鉄骨構造の接合に関する次の記述は適当でしょうか?

普通ボルト接合を用いる場合には、建築物の延べ面積、軒の高さ、張り間について制限がある。

2級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第2問
木造在来軸組構法に関する次の記述は適当でしょうか?

和小屋の小屋梁には、曲げモーメントが生じる。

2級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第3問
乾式工法による外壁の張り石工事に関する次の記述は適当でしょうか?

幅木は、衝撃対策のため張り石と躯体のすき間に裏込めモルタルを充填した。

2級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第4問
型枠工事に関する次の記述は適当でしょうか?

壁付き隅柱の出隅部は、角締めパイプを立て、チェーンとターンバックルを用いて締め付けた。

2級建築施工管理技士○×問題 の 5門
第5問
木材に関する次の記述は適当でしょうか?

心材は、辺材に比べて一般に耐久性が高い。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る