google+LINEで送る
1級建築機械施工技士 の 10門
第1問
コンクリート舗装の施工フローを示す下図において、(A)~(D)に当てはまる舗装機械の組合せとして、次のうち適切なものはどれか。

1級建築機械施工技士 の 10門
第2問
労働安全衛生法に定める特定元方事業者が、その労働者及び関係請負人の労働者の作業が同一の場所において行われることによって生ずる労働災害を防止するために行わなければならない措置として、誤っているものは次のうちどれか。

1級建築機械施工技士 の 10門
第3問
道路法上、道路の占用許可に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

1級建築機械施工技士 の 10門
第4問
道路法上、道路を通行する車両の通行制限に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

1級建築機械施工技士 の 10門
第5問
バックホウの作業に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

1級建築機械施工技士 の 10門
第6問
機械式クラムシェルによる掘削作業を下記の条件で行う場合、1日当たりの作業量(地山)として、次のうち適切なものはどれか。ただし、1日の稼働時間は7時間とする。

【条件】
1サイクル当たりの掘削量ルーズ:1.0 m3
作業効率:0.5
1サイクルの所要時間:60秒
土量換算係数:0.9

1級建築機械施工技士 の 10門
第7問
情報化施工におけるトータルステーションに関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

1級建築機械施工技士 の 10門
第8問
基礎工の一般的な特徴に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

1級建築機械施工技士 の 10門
第9問
一般の土の掘削の留意事項に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

1級建築機械施工技士 の 10門
第10問
盛土の施工に当たり、現場内の 1,200 m3 の地山粘性土を掘削した後、運搬する場合の運搬土量(ほぐし土量)として、次のうち適切なものはどれか。ただし、土量の変化率は、L=1.20、C=0.95 とする。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る