google+LINEで送る
小型船舶操縦者免許「交通の方法」 の 5問
第1問
霧中航行中の船舶が、自船の正横より前方に他の船舶が存在することをレーダーのみによって探知し、著しく接近することになると判断した場合、この事態を避けるための動作をとるときは、やむを得ない場合を除いて、どのような動作をとってはならないか。次のうちから選べ。

小型船舶操縦者免許「交通の方法」 の 5問
第2問
夜間、航行中のA船はその船首方向に他の船舶の船尾灯のみを認め、そのまま航行すれば衝突するおそれがある場合、A船はどのような航法をとらなければならないか。次のうちから選べ。 (海上衝突予防法)

小型船舶操縦者免許「交通の方法」 の 5問
第3問
「追越し船の航法」について述べた次の文のうち、誤っているものはどれか。(海上衝突予防法)

小型船舶操縦者免許「交通の方法」 の 5問
第4問
夜間、航行中のA動力船が、その船首方向に右図に示すような灯火を表示して接近してくる他の動力船を認め、衝突するおそれがあるときは、A船はどのような航法をとらなければならないのか。次のうちから選べ。ただし、○は白灯、●は紅灯、×○は緑灯とする。 (海上衝突予防法)

小型船舶操縦者免許「交通の方法」 の 5問
第5問
「各種船舶間の航法」に関して、次の(ア)~(ウ)の船舶についての優先順位(それぞれ2隻の船舶において保持船となるものを上位とする。)を上位から下位に正しい順序で並べたものは、下のうちどれか。
(ア)帆船  (イ)運転不自由船  (ウ)漁ろうに従事している船舶

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る