google+LINEで送る
小型船舶操縦者免許「上級運航」 の 5問
第1問
エンジンオイル交換について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、 下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)エンジンオイル交換前にはエンジンを運転してウォームアップし、 エンジンオイルの流動性をよくしてからエンジンオイルの排出を行う。
(B)オイルパン底部のドレンプラグを開いてエンジンオイルを受け皿に排出するが、エンジン底部が狭い場合は、 ドレンポンプを用いて排出する。

小型船舶操縦者免許「上級運航」 の 5問
第2問
プロペラの交換要領について述べた次の文のうち、適当でないものはどれか。

小型船舶操縦者免許「上級運航」 の 5問
第3問
ターボチャージャー付ディーゼルエンジンの取り扱い上の注意について述べた次の(A)と(B)について、それぞれの正誤を判断し、下のうちからあてはまるものを選べ。

(A)ターボチャージャーの空気フィルターが汚れていると出力が十分出ない。
(B)空気フィルターが目詰まりすると不完全燃焼を起こし、黒煙が発生する。

小型船舶操縦者免許「上級運航」 の 5問
第4問
S丸は、定員3名の船外機を備えたFRP製プレジャーボートで、A船長1人が乗り組み、同乗者1人を乗せ、沖合の釣り場で釣りを行った後、帰港するために港へ向け全速力で航行していた。港の入り口に達したところで風波が強くなってきたため、A船長は速力を全速力より少し落とし、約6ノットの対地速力として波の衝撃を緩和するとともに、同乗者を船体中央に、自らは右舷(げん)側の操縦席にそれぞれ腰掛け、船体の安定を保つよう対処した。その後、A船長が港入り口の浮標を回り込むため、ゆっくりと左転を開始したところ、右舷正横方向に高速力で入港してくる漁船を視認した。漁船がS丸の近距離を追い越して右舷前方約50メートルになったところで、漁船の起こした航走波が近づいてきたが、A船長は、これぐらいの航走波であればこのまま進行しても大丈夫と判断し、左転を続けた。この直後、右舷正横から航走波が押し寄せ、船首方向と航走波がほぼ平行となり、最初の航走波を横揺れしながら乗り切ったものの、次の波面により船体が持ち上げられ、左舷側に大傾斜して復原力を喪失し、S丸は転覆した。上記の海難事故について、その主要原因は、次のうちどれか。

小型船舶操縦者免許「上級運航」 の 5問
第5問
下図は、日本付近の地上天気図の一例(概略)を示したものである。この気圧配置における、 日本付近の気象状況について述べた次の文の(  )の中にあてはまる語句の組み合わせとして適当なものは、下のうちどれか。

「冬から春にかけて現れる気圧配置で、日本の南岸沿いを低気圧が発達しながら北東に進む。上空に強い(①)があり、 低気圧が陸岸からあまり触れないと、(②)側に(③)をもたらすことがある。」

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る