google+LINEで送る
臨床検査技師 国家試験 の 10門
第1問
Michaelis-Menten の式に従う酵素反応において、基質濃度をKm値の 3 倍とした。反応速度を最大反応速度に対する百分率で表したとき正しいのはどれか。

臨床検査技師 国家試験 の 10門
第2問
転移酵素はどれか。

臨床検査技師 国家試験 の 10門
第3問
イチゴゼリー状の下痢便を呈する疾患はどれか。

臨床検査技師 国家試験 の 10門
第4問
骨形成マーカーはどれか。

臨床検査技師 国家試験 の 10門
第5問
播種性血管内凝固〈DIC〉の所見で正しいのはどれか。

臨床検査技師 国家試験 の 10門
第6問
酵素を用いた終点分析法で正しいのはどれか。

臨床検査技師 国家試験 の 10門
第7問
慢性肉芽腫症で障害されるのはどれか。

臨床検査技師 国家試験 の 10門
第8問
血糖値が上昇すると低下するのはどれか。

臨床検査技師 国家試験 の 10門
第9問
炎症性腸疾患はどれか。

臨床検査技師 国家試験 の 10門
第10問
抗セントロメア抗体が診断に有用な疾患はどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る