google+LINEで送る
臨床検査技師 国家試験 の 10門
第1問
関節リウマチの診断に用いられるのはどれか。

臨床検査技師 国家試験 の 10門
第2問
妊娠後期に上昇するのはどれか。

臨床検査技師 国家試験 の 10門
第3問
一本鎖cDNA 合成に必要なのはどれか。

臨床検査技師 国家試験 の 10門
第4問
ホルマリン色素の除去に用いる溶液はどれか。

臨床検査技師 国家試験 の 10門
第5問
超音波検査で体表面にゼリーを塗る目的はどれか。

臨床検査技師 国家試験 の 10門
第6問
Michaelis-Menten の式に従う酵素反応において、基質濃度をKm値の 3 倍とした。反応速度を最大反応速度に対する百分率で表したとき正しいのはどれか。

臨床検査技師 国家試験 の 10門
第7問
自己免疫疾患の発症に最も関連の深い免疫系の特徴はどれか。

臨床検査技師 国家試験 の 10門
第8問
死後、自家融解を起こしやすい臓器はどれか。

臨床検査技師 国家試験 の 10門
第9問
成人臓器の重量で正常なのはどれか。

臨床検査技師 国家試験 の 10門
第10問
免疫抑制薬はどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る