google+LINEで送る
視能訓練士国家試験 の 10門
第1問
疾患と所見の組合せで誤っているのはどれか。

視能訓練士国家試験 の 10門
第2問
真の開散過多型外斜視と見かけ上の開散過多型外斜視との鑑別方法で正しいのはどれか。

視能訓練士国家試験 の 10門
第3問
心因性視覚障害.転換性障害0で異常所見を認めないのはどれか。

視能訓練士国家試験 の 10門
第4問
内方回旋斜視に対する術式で正しいのはどれか。

視能訓練士国家試験 の 10門
第5問
網膜中心動脈閉塞症について正しいのはどれか。

視能訓練士国家試験 の 10門
第6問
視診による眼球運動検査で正しいのはどれか。

視能訓練士国家試験 の 10門
第7問
大型弱視鏡で検査できて、他の機器では検査できないのはどれか。

視能訓練士国家試験 の 10門
第8問
完全矯正下で、眼前に袷3.00Dのレンズを装用すると斜視角が変化するのはどれか。

視能訓練士国家試験 の 10門
第9問
開散過多型の間欠性外斜視で正しいのはどれか。

視能訓練士国家試験 の 10門
第10問
アトロピン硫酸塩点眼薬で正しいのはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る