google+LINEで送る
理学療法士国家試験 の 10門
第1問
80 歳の女性。多発性脳梗塞。動作の観察から、明らかな運動麻痺はみられないが軽度の感覚障害が予想される。軽度の認知症があり、口頭での詳細な手順の説明は理解しにくい。

深部感覚検査として適切なのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第2問
尿意のない頸髄損傷患者において尿意の代償とならない徴候はどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第3問
視床出血の発症後2 か月で患側上肢にアロディニアを認める。発症要因はどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第4問
運動後に低血糖症状を起こしやすい薬物治療中の糖尿病患者への運動療法として適切なのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第5問
85 歳の女性。ADL に一部介助が必要だが、屋内歩行はつたい歩きで自立している。3 か月前に机に手をついて床から立ち上がろうとした際に転倒したが、骨折には至らなかった。自宅の住環境に関する助言として適切なのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第6問
指尖つまみに比べ横つまみでより働く筋はどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第7問
歩行率で正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第8問
成人の静止立位で正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第9問
呼吸器について正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第10問
消化器について正しいのはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る