google+LINEで送る
理学療法士国家試験 の 10門
第1問
理学療法士及び作業療法士法で正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第2問
疾患と病理変化の組合せで誤っているのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第3問
Daniels らの徒手筋力テストにおける段階 2 の検査で、検査する筋と測定肢位の組合せで正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第4問
両下肢ともに体重の 1/2 まで荷重が許可されている場合、病院内の実用的移動手段として適切なのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第5問
国際生活機能分類(ICF)において、活動・参加の第一評価点で示されるのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第6問
Daniels らの徒手筋力テストで、腓腹筋の検査をする際に代償的に働く筋はどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第7問
上咽頭後壁の触覚をつかさどる神経はどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第8問
運動単位について正しいのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第9問
慢性腎臓病患者に対する生活指導で制限する必要がないのはどれか。

理学療法士国家試験 の 10門
第10問
欠神発作について正しいのはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る