google+LINEで送る
理学療法士国家試験 の 5門
第1問
うつ病への対応として適切なのはどれか。

理学療法士国家試験 の 5門
第2問
65 歳の男性。4 歳時に急性灰白髄炎に罹患し右下肢麻痺となった。歩行時には右膝を右手で押さえながら歩いていた。55 歳ころから腰痛を自覚するようになり、最近は歩行時の疲労が増し下肢の冷感が強くなってきたため受診した。身長160cm、体重75 kg(30 歳時と比較して20 kg 増加)。筋力はMMT で、右大腿四頭筋と右前脛骨筋は段階1 である。ポリオ後症候群と診断され、理学療法を行うことになった。

理学療法として適切なのはどれか。

理学療法士国家試験 の 5門
第3問
強迫性障害について誤っているのはどれか。

理学療法士国家試験 の 5門
第4問
肋骨に付着する筋はどれか。

理学療法士国家試験 の 5門
第5問
顎関節にある関節円板の動きに直接関係する筋はどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る