google+LINEで送る
理学療法士国家試験 の 5門
第1問
60 歳の男性。両下肢のしびれと間欠性跛行とを認める。足背動脈の触知は可能で、体幹を前屈することによって歩行が容易となる。

症状を改善するのに適している装具はどれか。

理学療法士国家試験 の 5門
第2問
25 歳の男性。Guillain-Barr? 症候群。発症後3 日で運動麻痺は進行しており、呼吸筋麻痺のため人工呼吸器管理中である。

理学療法で適切でないのはどれか。

理学療法士国家試験 の 5門
第3問
65 歳の男性。右片麻痺。病棟では、ベッドから車椅子への移乗は介助者に腰を軽く引き上げてもらい、車椅子からベッドへの移乗は介助者に腰を持ち上げて回してもらう。

移乗動作のFIM の点数はどれか。

理学療法士国家試験 の 5門
第4問
扁平上皮癌の特徴はどれか。

理学療法士国家試験 の 5門
第5問
心不全で正しいのはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る