google+LINEで送る
精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第1問
貧困及びニードのとらえ方に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第2問
精神障害の特性に関する次の記述のうち、正しいものを 1 つ選びなさい。

精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第3問
権利擁護機能に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第4問
次の事例を読んで、障害支援区分認定に関する次の記述のうち、認定調査員の対応として、適切なものを1つ選びなさい。

Fさん(35歳)は全身性エリテマトーデスである。症状に変動があり、状態が良いときが多いため身体障害者手帳の取得はできていない。状態が悪いときは歩行も困難な状況であり、家族やボランティアの学生、訪問看護師からの支援を受けている。Fさんは居宅介護を受けたいと思い、このたび、障害支援区分の認定を受けるための申請をし、認定調査員の訪問を受けることとなった。

精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第5問
次のうち、都道府県が設置する保健所の精神保健福祉業務として、正しいものを1つ選びなさい。

精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第6問
福祉計画・医療計画などの策定技法と評価に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第7問
措置入院にかかわる手続きに関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第8問
次の事例を読んで、Gさんの入院に対する対応として、適切なものを1つ選びなさい。

Gさん(28歳)は精神障害があり家族はいない。過去に放火をしたため「医療観察法」による通院処遇を3年間受けて、2年前に裁判所から処遇終了の決定を受けている。現在は地域活動支援センターを利用している。最近、Gさんの状態が悪化したため、通院している精神科病院で精神保健指定医の診察を受けたところ、「自傷他害のおそれはないが入院が必要」と診断された。Gさんは入院に同意できる状態ではないが、後見人は入院に同意している。
(注)1「医療観察法」とは、「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律」のことである。2「精神保健福祉法」とは、「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」のことである。

精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第9問
次の事例を読んで、次の記述のうち、Aさんの行為で最も適切なものを1つ選びなさい。

Bさん(90歳、男性)は、数年前に成年後見開始審判を受け、Bさんの甥であるCさんがBさんの成年後見人に就任している。Cさんは、親身になってBさんの面倒を見ているものと思われていたが、Bさんの妹であるAさんがBさんから預金通帳を見せてもらったところ、2か月間にBさんの預金から600万円ものお金が払い戻されており、Bさんはそれについて全く知らないとのことである。

精神保健福祉士 国家試験 の 10門
第10問
日本における相互扶助に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る