google+LINEで送る
保健師国家試験 の 10門
第1問
地区踏査による情報収集の特長はどれか。

保健師国家試験 の 10門
第2問
生活保護法について適切なのはどれか。

保健師国家試験 の 10門
第3問
50 歳の男性。自営業。特定健康診査の結果が身長175 cm、体重85 kg、腹囲93cm、血圧140/90 mmHgであり、特定保健指導の対象となった。対象になった理由を説明した後の進め方の順で最も適切なのはどれか。
A:目標体重を本人と決める。
B:毎日の体重を測定・記録することを勧める。
C:体重が多い理由を本人と考える。

保健師国家試験 の 10門
第4問
A町では閉じこもり傾向の高齢者が増加傾向にある。町内のB地区では、5年前から閉じこもり傾向の高齢者を対象にした交流会を月1回自治会主催で実施している。町保健師はB地区のような自治会主催の交流会を町内全地区で実施する必要があると考えている。保健師の活動として最も適切なのはどれか。

保健師国家試験 の 10門
第5問
統計調査と調査内容の組合せで正しいのはどれか。

保健師国家試験 の 10門
第6問
日本の平成22 年(2010 年)の健康寿命について正しいのはどれか。 2 つ選べ。

保健師国家試験 の 10門
第7問
32 歳の男性。会社員。潰瘍性大腸炎。仕事をしながら療養することを希望している。保健指導として適切なのはどれか。

保健師国家試験 の 10門
第8問
A さん(40 歳、男性、会社員)。A さんは特定健康診査で、腹囲84 cm、BMI 26、血圧140/85 mmHg であり、動機付け支援の対象となった。「仕事でストレスが溜まり、夜食を食べずにはいられない。夜食がお腹に残り朝食は食べられない。残業が多く、今の生活は変えられない」と言う。A さんへの保健指導で最も適切なのはどれか。

保健師国家試験 の 10門
第9問
平成24 年(2012 年)の厚生労働省による食中毒統計調査について正しいのはどれか。

保健師国家試験 の 10門
第10問
A さん(37 歳、男性)。妻と2 人の児との4 人暮らし。会社員。 3 か月前に脊髄小脳変性症と診断された。最近、歩行障害が進行し、会社への通勤に支障がでてきたとA さんから保健所保健師に相談があった。A さんへの対応で適切なのはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る