google+LINEで送る
保健師国家試験 の 10門
第1問
地域・職域連携推進事業ガイドラインに規定されている地域・職域連携推進協議会について正しいのはどれか。

保健師国家試験 の 10門
第2問
障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく支援について正しいのはどれか。

保健師国家試験 の 10門
第3問
疫学研究を行う上で最も重要なのはどれか。

保健師国家試験 の 10門
第4問
環境汚染物質とそれに起因する疾病の組合せで正しいのはどれか。

保健師国家試験 の 10門
第5問
介入研究で正しいのはどれか。

保健師国家試験 の 10門
第6問
日本人の血液型のうちAB 型の割合が10 %であるとする。無作為に選んだ100 人の日本人集団の中にAB 型の人が20 人以上いる確率を知りたい。この集団の中に含まれるAB 型の人数が従う分布として最も適切なのはどれか。

保健師国家試験 の 10門
第7問
疾患と危険因子の組合せで正しいのはどれか。

保健師国家試験 の 10門
第8問
人口50 万人の中核市のA市。市の保健医療計画に糖尿病対策の強化を盛り込むことになった。A 市には、特定機能病院1 か所、200 床規模の病院が3 か所、診療所は200 か所ある。市内の病院と医師会、歯科医師会、薬剤師会とで糖尿病医療連携推進会議を実施することになった。この会議で検討する内容で適切なのはどれか。

保健師国家試験 の 10門
第9問
人口10 万人の市。市では、電話相談と来所相談について相談の項目と件数をまとめている。その結果、育児不安の相談件数が増加傾向にあることから、保健師は地域診断を行うことにした。最初に行うのはどれか。

保健師国家試験 の 10門
第10問
健康づくりの自主グループで活動しているリーダーのA さんから、最近グループメンバーの参加が少なくなったと保健師に相談があった。保健師の対応で最も適切なのはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る