google+LINEで送る
保健師国家試験 の 5門
第1問
市では、毎年12 月に次年度の地区活動計画を立案している。保健師が担当地区の次年度の地区活動計画を立案する時に適切なのはどれか。

保健師国家試験 の 5門
第2問
保健師が行う家庭訪問の対象者と根拠法令の組合せで正しいのはどれか。

保健師国家試験 の 5門
第3問
保健所の平時の健康危機管理対策について正しいのはどれか。

保健師国家試験 の 5門
第4問
A さん(43 歳、男性)は、23 歳で統合失調症と診断された。精神科病院に20 年間入院している。現在A さんは任意入院であり退院を強く希望し、主治医も退院の方向で検討している。両親は亡くなっており、兄弟姉妹はいない。A さんが退院し、地域生活へ移行するために必要なのはどれか。

保健師国家試験 の 5門
第5問
A さん(36 歳、男性)。1 人暮らし。従業員数300 人のIT 関連会社に勤務している。残業時間は月平均60 時間で、3 年前から15 本/日の喫煙をしている。運動習慣はなく、昼と夜は外食が多い。会社の定期健康診断で中性脂肪が150 mg/dL であった。既往歴に特記すべきことはない。A さんが勤める会社の保健師が行う指導で適切なのはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る