google+LINEで送る
理容師国家試験 の 10門
第1問
皮膚及び皮膚付属器官の保健に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

理容師国家試験 の 10門
第2問
次の器具のうち、てこの原理を応用していないものはどれか。

理容師国家試験 の 10門
第3問
顔面にある筋肉とその働きに関する次の組合せのうち、正しいものはどれか。

理容師国家試験 の 10門
第4問
感染症に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【A】麻しんに感染した疑いがある者は、強制的に入院させる。
【B】腸管出血性大腸菌感染症の患者には、就業禁止の措置をとることがある。
【C】日本脳炎は、人から人への感染はない。
【D】後天性免疫不全症候群(エイズ)は、発生動向調査が行われていない。

理容師国家試験 の 10門
第5問
酸化剤と還元剤に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

【A】過酸化水素水は、ヘアブリーチ剤や染毛剤などに酸化剤として用いられる。
【B】チオグリコール酸は、パーマネントウェーブ用剤の第1剤(1液)に配合され、毛髪のケラチンのシスチン結合を還元して切断する。
【C】システインは、パーマネントウェーブ用剤の第2剤(2液)に配合され、毛髪の切断されたシスチン結合を再結合する。
【D】次亜塩素酸ナトリウム水溶液は、還元作用があるので、金属製品や動物性繊維の布地の消毒に適している。

理容師国家試験 の 10門
第6問
理容所の開設に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

理容師国家試験 の 10門
第7問
皮膚と皮膚付属器官の生理機能に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

理容師国家試験 の 10門
第8問
レザーの基本的な持ち方に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

理容師国家試験 の 10門
第9問
皮膚と皮膚付属器官の構造に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

理容師国家試験 の 10門
第10問
制汗・脱臭剤による体臭の防止方法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る