google+LINEで送る
秘書検定2級 の 5門
第1問
秘書A子は、周囲の人と目的もな話をするのが苦手である。A子は周囲の人 との人間関係をよするためにも、この苦手意識をなしたいと思い、話しや すい話題を次のように考えた。中から適当と思われるものを選びなさい。

秘書検定2級 の 5門
第2問
秘書A子の上司(営業部長)は、「ちょっと近くの本屋へ行ってくるが、すぐ戻る」と言って出掛けている。そこへ常務から、「S社との契約の件で聞きたいことがあるので、契約書を持ってすぐに来てもらいたい」と連絡があった。次は、このことに対してA子が順に行ったことである。中から不適当と思われるものを選べ。

秘書検定2級 の 5門
第3問
営業本部長秘書A子は着任した上司から、着任のあいさつ状の草稿を作成するようにと指示された。次はA子が書いた文面だが、【   】内の慣用語の中に、誤った使われ方をしているものがある。それはどれかを選べ。

秘書検定2級 の 5門
第4問
秘書A子の上司(人事部長)は、ある業界団体からの依頼で「職場のマナー研修会」の講師を引き受けることになった。次は、このときA子が上司から「詳しいことを先方に確認しておくように」と言われて、主催者に聞いたことである。中から不適当と思われるものを選べ。

秘書検定2級 の 5門
第5問
次は、専門家の名称とその説明の組み合わせである。中から不適当と思われるものを選べ。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る