google+LINEで送る
商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第1問
「労働委員会が三つの方法で調整を行っている」の三つの方法として,次のなかから正しいものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第2問
「A,B,Cの3人が共同で事業を行う計画をたて,Aが代表で債権者Xに90万円の連帯債務を負うという契約で金銭を借りたとしよう。この場合,債権者Xは各債務者に対して,どのような請求ができるのかについても民法で定めている。」の結論として,次のなかから適切なものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第3問
「生まれてくる胎児にも夫の遺産相続ができる権利があるのか」次のなかから正しいものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第4問
「割賦販売」の内容として,次のなかから正しいものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第5問
「著作権」の存続期間は何年か,次のなかから正しいものを一つ選びなさい。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る