google+LINEで送る
商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第1問
「支配されている財産は主体に対応し,権利の対象物となる。」を何というか,次のなかから適切なものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第2問
条文の形に書きあらわされていない法を不文法と言う。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第3問
「自分が所有している腕時計は,時価300万円と評価されております。この腕時計を担保として預け,返済できないときは,競売してその代金から返済します」このような担保物権を何というか,次のなかから正しいものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第4問
「貸し主である金融機関と借り主が契約で任意に決める利率」を何というか,次のなかから正しいものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「商品と流通」 の 5問
第5問
「喜寿をむかえたAは,そのお祝いとして旧友から,歌川広重作,東海道五十三次の小田原宿の錦絵をもらった。」は民法上,贈与契約と考えられるが,契約の性質から分類した場合,どのような組み合わせになるか,次のなかから正しいものを一つ選びなさい。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る