google+LINEで送る
商業経済検定試験「経済活動と法」 の 5問
第1問
「ISO26000を基に自社のCSR体制の再構築を進めている。」の進め方の発想法として,次のなかから最も適切なものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「経済活動と法」 の 5問
第2問
「消費税」の説明として,次のなかから正しいものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「経済活動と法」 の 5問
第3問
「財政操作により景気の調整をする方法としては,不況のときには意図的に減税や公共事業を増やし,好況のときには増税や今までよりも公共事業を減らして景気を調整している。」を何というか,次のなかから正しいものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「経済活動と法」 の 5問
第4問
「企業の社会的責任(CSR)が重視されるようになった。」の背景は何か,次のなかから最も適切なものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「経済活動と法」 の 5問
第5問
「経済規模を表す指標として,以前は国の内外を問わず国民が新たに生み出した価値の総額を意味する国民総生産(GNP)が使われていたが,現在では国内総生産(GDP)が使われるようになった。」その理由として,次のなかから最も適切なものを一つ選びなさい。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る