google+LINEで送る
商業経済検定試験「経済活動と法」 の 5問
第1問
「研究開発の現地化」の利点として,次のなかから最も適切なものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「経済活動と法」 の 5問
第2問
「不況のときには減税や公共事業を増やし,好況のときには増税や今までよりも公共事業を減らすなどして意図的に景気を調整する。」を何というか,次のなかから正しいものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「経済活動と法」 の 5問
第3問
「消費税」の説明として,次のなかから正しいものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「経済活動と法」 の 5問
第4問
「定年制がある長期雇用や年功制といったわが国の雇用慣行の長所」について,次のなかから最も適切なものを一つ選びなさい。

商業経済検定試験「経済活動と法」 の 5問
第5問
所得から所得税や社会保険料などを支払った残りの金額を「総所得」という。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る