google+LINEで送る
測量士補 の 10問
第1問
次の a ~ e の文は、公共測量における GNSS 測量機を用いた基準点測量について述べたものである。 [ ア ]~[ オ ]に入る語句の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

【a】GNSS 測量では、[ ア ]が確保できなくても観測できる。
【b】基準点測量において、GNSS 観測は、[ イ ]方式で行う。
【c】スタティック法による観測において、GPS 衛星のみを用いる場合は[ ウ ]以上を用いなければならない。
【d】GNSS 測量の基線解析を行うには、GNSS 衛星の[ エ ]が必要である。
【e】GNSS 測量による 1 級基準点測量は、原則として、[ オ ]により行う。

測量士補 の 10問
第2問
次のa~eの文は、測量法(昭和 24 年法律第 188 号)に規定された事項について述べたものである。明らかに間違っているものだけの組合せはどれか。次の中から選べ。
【a】「測量」とは、土地の測量をいい、地図の調製及び測量用写真の撮影を含むものとする。
【b】「基本測量」とは、すべての測量の基礎となる測量で、国又は公共団体の行うものをいう。
【c】何人も、国土交通大臣の承諾を得ないで、基本測量の測量標を移転し、汚損し、その他その効用を害する行為をしてはならない。
【d】公共測量は、基本測量又は公共測量の測量成果に基いて実施しなければならない。
【e】測量士は、測量に関する計画を作製し、又は実施する。測量士補は、測量士の作製した計画に従い測量に従事する。

測量士補 の 10問
第3問
次の文は、同時調整におけるパスポイント及びタイポイントについて述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 10問
第4問
表は、ある公共測量における縦断測量の観測手簿の一部である。観測は、器高式による直接水準測量で行っており、BM1、BM2 を既知点として観測値との閉合差を補正して標高及び器械高を決定している。表中の ア ~ ウ に当てはまる値はそれぞれ何か。次の中から正しい組合せを選べ。

測量士補 の 10問
第5問
図に示すように、多角測量を実施し、表6のとおり、きょう角の観測値を得た。新点(3) における既知点Bの方向角は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。 ただし、既知点Aにおける既知点Cの方向角Ta は 330°14′20″とする。

測量士補 の 10問
第6問
次の a~e の文は、公共測量における航空レーザ測量について述べたものである。明らかに間違っているものは幾つあるか。次の中から選べ。

【a】航空レーザ測量では、水面の状況によらず水部のデータを取得することができる。
【b】航空レーザ測量では、計測データを基にして数値地形モデル(DTM)を作成することができる。
【c】航空レーザ測量では、GNSS/IMU 装置、レーザ測距装置等により構成されたシステムを使用する。
【d】航空レーザ測量では、雲の影響を受けずにデータを取得することができる。
【e】航空レーザ測量では、フィルタリング及び点検のための航空レーザ用数値写真を同時期に撮影する。

測量士補 の 10問
第7問
公共測量における路線測量の横断測量を、図に示すように間接水準測量の一つであるトータルステーションによる単観測昇降式で行い、表 25 の観測結果を得た。点Aの標高H1を 35.500 m とした場合、点Bの標高H2は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。ただし、点Aのf1及び点Bのf2は目標高、器械点において点A方向の高低角をα1、斜距離をD1、点B方向の高低角をα2、斜距離をD2とする。なお、関数の数値が必要な場合は、巻末の関数表を使用すること。

測量士補 の 10問
第8問
公共測量により、水準点AからBまでの間で1級水準測量を実施し、表9に示す結果を得た。標尺補正を行った後の水準点A、B間の高低差は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。 ただし、観測に使用した標尺の標尺改正数は 20℃ において-6.60μm/m、膨張係数は0.6×10-6/℃ とする。

測量士補 の 10問
第9問
次の文は、公共測量における河川測量の距離標設置測量について述べたものである。 【 ア 】 ~ 【 エ 】に入る語句の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

距離標の設置間隔は、河川の河口又は幹川への合流点に設けた起点から、河心に沿って アを標準とする。距離標は、図上で設定した距離標の座標値に基づいて、近傍の イ 基準点等からトータルステーションによる ウ のほか、キネマティック法、RTK 法又はネットワーク型 RTK法により設置する。ネットワーク型 RTK 法による観測は、間接観測法又は エ を用いる。

測量士補 の 10問
第10問
図は、公共測量における写真地図(数値球中写真を正射変換した正射投影画像(モザイクしたものを含む。))作成の標準的な作業工程を示したものである。 【 ア 】 ~ 【 エ 】に入る工程別作業区分の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る