google+LINEで送る
測量士補 の 5問
第1問
次の文は、公共測量における路線測量について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 5問
第2問
公共測量において1級水準測量を実施していた。このとき、レベルで視準距離を確認したところ前視標尺までは 53m、後視標尺までは 51mであった。観測者として最も適切な処置はどれか。次の中から選べ。ただし、後視標尺は水準点標石に立っており動かさないものとする。

測量士補 の 5問
第3問
画面距離 7 ㎝ 、撮像面での素子寸法 6μm のデジタル航空カメラを用いた、数値空中写真の撮影計画を作成した。このときの撮影基準面での地上画素寸法を 18 ㎝ とした場合、撮影高度は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。ただし、撮影基準面の標高は 0m とする。

測量士補 の 5問
第4問
図のように、既知点Bにおいて、既知点Aを基準方向として新点C方向の水平角を測定しようとしたところ、既知点Bから既知点Aへの視通が確保できなかったため、既知点Aに偏心点Pを設けて、水平角T'、偏心距離e及び偏心角φの観測を行い、表6の結果を得た。既知点A方向と新点C方向の間の水平角Tは幾らか。最も近いものを次の中から選べ。ただし、既知点A、B間の距離Sは、2,000mであり、S及び偏心距離eは基準面上の距離に補正されているものとする。また、角度1ラジアンは、2"×105とする。なお、数の数値が必要な場合は、巻末の関数表を使用すること。

測量士補 の 5問
第5問
図は不等距離法によるレベルの視準線の点検調整を模式的に表したものであり、次の文はその際に用いられる式の導き方を説明したものである。 【 ア 】 ~ 【 エ 】に入る語句の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。ただし、点A~Eは標尺、レベルの視準線及び水平線により形成される三角形の各頂点、a及びeはそれぞれ点A及びEにおける標尺の読定値を表すものとする。
△ABCと△ADEは相似であるので、式 11-1 の関係が成り立つ。
AC:CB = AE: ア 式 11-1
AEは標尺の読定値a及びeで表すことができる。また、標尺とレベルの位置関係から、CB及び【 ア 】に数値を代入すると、式 11-1 は式 11-2 のように書き換えられる。AC:30m = 【 イ 】:【 ウ 】式 11-2
式 11-2 をeについて解くと、式 11-3 が得られる。
e = a-1.1×AC 式 11-3
レベルの視準線が水平でないとき、2本の標尺の中間である(1)から観測すれば、標尺Ⅰと標尺Ⅱの間の観測高低差に視準線誤差は含まれない。しかし、2本の標尺からの距離が等しくない(2)から観測した場合、標尺Ⅰと標尺Ⅱの間の観測高低差にACに相当する視準線誤差が含まれる。 (1)及び(2)での標尺Ⅰに対する標尺Ⅱの観測高低差をそれぞれ h1 及び h2 とすると、式 11-3 は 式 11-4 のように書き換えられる。
e =【 エ 】式 11-4
以上の事から、eの値は h1、h2 及びaから計算する事ができる。(2)から標尺Ⅱを観測した際の読定値aがeになるように調整すれば、視準線は水平になることがわかる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る