google+LINEで送る
測量士補 の 5問
第1問
表は、ある公共測量における縦断測量の観測手簿の一部である。観測は、器高式による直接水準測量で行っており、BM1、BM2 を既知点として観測値との閉合差を補正して標高及び器械高を決定している。表中の ア ~ ウ に当てはまる値はそれぞれ何か。次の中から正しい組合せを選べ。

測量士補 の 5問
第2問
次の文は、公共測量における空中写真測量で用いる GNSS/IMU 装置について述べたものである。 【 ア 】 ~ 【 エ 】に入る語句の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

空中写真測量とは、空中写真を用いて数値地形図データを作成する作業のことをいう。空中写真の撮影に際しては、 GNSS/IM U 装置を用いることができる。 GNSS は、人工衛星を使用して【 ア 】を計測するシステムのうち、【 イ 】を対象とすることができるシステムであり、IMU、慣性計測装置である。空中写真測量において GNSS/IMU 装置を用いた場合、GNSS 測量機と IMU でカメラの【 ウ 】を、IMU でカメラの【 エ 】を同時に観測することができる。これにより、空中写真の外部標定要素を得ることができ、後続作業の時間短縮や効率化につながる。

測量士補 の 5問
第3問
図は、電子国土ポータルから国土地理院が提供している地図(一部改変)である。次の文は、この図に表現されている内容について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

測量士補 の 5問
第4問
次のa~eの文は、公共測量における測量作業機関の対応について述べたものである。明らかに間違っているものは幾つあるか。次の中から選べ。

【a】地形測量の現地調査で公有又は私有の土地に立ち入る必要があったので、測量計画機関が発行する身分を示す証明書を携帯した。
【b】A市が発注する基準点測量において、A市の公園内に新点を設置することになったが、利用者が安全に公園を利用できるように、新点を地下埋設として設置した。
【c】地形図作成のために設置した対空標識は、空中写真撮影完了後、作業地周辺の住民や周辺環境に影響がない場所であったため,そのまま残しておいた。
【d】B市が発注する水準測量において、すべてB市の市道上での作業になることから、道路使用許可申請を行わず作業を実施した。
【e】永久標識を設置した際、成果表は作成したが、点の記は作成しなかった。

測量士補 の 5問
第5問
次の文は、地図編集の原則について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る