google+LINEで送る
社労士:健康保険法 の 5問
第1問
【健康保険法に関して】被保険者の被扶養者が死産をしたときは、被保険者に対して家族埋葬料として5万円が支給される。

社労士:健康保険法 の 5問
第2問
【健康保険法に関して】高額療養費多数回該当の場合とは、療養のあった月以前の12か月以内に既に高額療養費が支給されている2月数がか月以上ある場合をいい、3か月目からは一部負担金等の額が多数回該当の高額療養費算定基準額を超えたときに、その超えた分が高額療養費として支給される。

社労士:健康保険法 の 5問
第3問
【健康保険法に関して】被扶養者が保険医療機関等において、評価療養又は選定療養を受けたときは、その療養に要した費用について、被保険者に対して家族療養費が支給される。

社労士:健康保険法 の 5問
第4問
【健康保険法に関して】前月から引き続き被保険者であり、12月10日にその年度で初めての賞与として30万円を支給された者が、同月20日に退職した場合、事業主は当該賞与に係る保険料を納付する義務はない。

社労士:健康保険法 の 5問
第5問
【健康保険法等に関して】育児休業等による保険料の免除の規定について、その終期は当該育児休業等を終了する日の翌日の属する月の前月となっているが、育児休業等の対象となる子が3歳に達する日以後の休業については、労使協定に定められている場合に限り、適用されることとなる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る