google+LINEで送る
証券外務員二種資格試験 の 5門
第1問
協会員は投資信託の受益証券の募集・販売に当たっては、目論見書を同時または予め顧客に交付しなければならない。

証券外務員二種資格試験 の 5門
第2問
委託者指図型投資信託では、一個の信託契約に基づいて、受託者が複数の委託者との間で締結する信託契約により受け入れた信託財産を、委託者の指図に基づかず、主として特定資産に対する投資として運用する。

証券外務員二種資格試験 の 5門
第3問
顧客と外国証券取引に関する契約を締結しようとするときは、外国証券取引口座約款を顧客に交付し、顧客から約款に基づく取引口座の設定にかかる申込書の提出を受ける。

証券外務員二種資格試験 の 5門
第4問
自己資本比率は、資本調達の構成を表し、総資本の中に占める自己資本の割合を示し、この比率が低ければ低いほどよいとされています。

証券外務員二種資格試験 の 5門
第5問
配当水準が一定であるとすれば、一般に配当性向は好況期に高く、不況期に低く表れる。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る