google+LINEで送る
システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第1問
容量がaMバイトでアクセス時間がxナノ秒のキャッシュメモリと、容量がbMバイトでアクセス時間がyナノ秒の主記憶を持つシステムにおいて、CPUからみた、主記憶とキャッシュメモリとを合わせた平均アクセス時間を表す式はどれか。ここで、読み込みたいデータがキャッシュメモリに存在しない確率をrとし、キャッシュメモリ管理に関するオーバヘッドは無視できるものとする。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第2問
部品や資材の調達から製品の生産,流通,販売までの,企業間を含めたモノの流れを適切に計画・管理し,最適化してリードタイムの短縮,在庫コストや流通コストの削減などを実現しようとする考え方はどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第3問
イベント駆動型のアプリケーションにおけるイベント処理のタイミングを設計するのに有用な図はどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第4問
ブラックボックステストにおけるテストケースの設計に関する記述として、適切なものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第5問
Linuxカーネルの説明として,適切なものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第6問
“情報システム・モデル取引・契約書”によれば,ユーザ(取得者)とベンダ(供給者)間で請負型の契約が適切であるとされるフェーズはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第7問
分析対象としている問題に数多くの要因が関係し,それらが相互に絡みあっているとき,原因と結果,目的と手段といった関係を追求していくことによって,因果関係を明らかにし,解決の糸口をつかむための図はどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第8問
記憶領域の動的な割り当て及び解放を繰り返すことによって、どこからも利用できない記憶領域が発生することがある。このような記憶領域を再び利用可能にする機能はどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第9問
図は、テスト項目消化件数Xにおいて、目標のバグ累積件数に到達したことを示す。この図の状況の説明として、適切なものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第10問
稼働率が a (0 < a < 1)の装置三つを用いて図のようにシステムを設計するとき、システムの稼働率が装置単体の稼働率を上回るものはどれか。ここで、並列に接続されている部分は、いずれかの経路が稼動していればシステムは稼動しているものとする。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る