google+LINEで送る
システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第1問
安全なWebアプリケーションの作り方について,攻撃と対策の適切な組合せはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第2問
IT投資の評価手法のうち,バランススコアカードを用いた手法を説明したものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第3問
階層構造をもつ組織と社員の所属を表すUMLのクラス図のうち、“社員は組織階層中のどの組織にも所属できるが、兼務はしない”とするものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第4問
ソフトウェアの使用性を評価する指標の目標設定の例として、適切なものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第5問
ユースケース駆動開発の利点はどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第6問
記憶領域を管理するアルゴリズムのうち,ベストフィット方式の特徴として,適切なものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第7問
CE(コンカレントエンジニアリング)を説明したものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第8問
図は、既存の電話機とPBXを使用した企業内の内線網を、IPネットワークに統合する場合の接続構成を示している。図中のa~cに該当する装置の適切な組合せはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第9問
DBMSに実装すべき原子性(atomicity)を説明したものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第10問
プロジェクトマネジメントにおけるリスク対応例のうち、PMBOKの分類における転嫁に該当するものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る