google+LINEで送る
システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第1問
クロスサイトスクリプティングの手口はどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第2問
分散データベースにおいて図のようなコマンドシーケンスがあった。調停者がシーケンスaで発行したコマンドはどれか。ここで,コマンドシーケンスの記述にUMLのシーケンス図の記法を用いる。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第3問
営業債権管理業務に関する内部統制のうち,適切なものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第4問
IT投資案件Xにおいて、投資効果をNPVで評価する場合の算出式はどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第5問
モジュール設計に関する記述のうち、モジュール強度(結束性)が最も強いものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第6問
BABOKでは、要求をビジネス要求、ステークホルダ要求、ソリューション要求及び移行要求の4種類に分類している。ソリューション要求の説明はどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第7問
システム開発計画の策定におけるコントロールのうち、適切なものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第8問
ソフトウェアの要求定義や分析・設計で用いられる技法に関する記述のうち、適切なものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第9問
WAFに登録された検出パターンと判定の関係のうち、適切なものはどれか。

システムアーキテクト試験(SA) の 10門
第10問
ISMSにおいて定義することが求められている情報セキュリティ基本方針に関する記述のうち、適切なものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る