google+LINEで送る
宅建(平成25年) の 10問
第1問
次の1から4までの記述のうち、民法の規定及び下記判決文によれば、誤っているものはどれか。
【判決文】
期間の定めのある建物の賃貸借において、賃借人のために保証人が賃貸人との間で保証契約を締結した場合には、反対の趣旨をうかがわせるような特段の事情のない限り、保証人が更新後の賃貸借から生ずる賃借人の債務についても保証の責めを負う趣旨で合意がされたものと解するのが相当であり、保証人は、賃貸人において保証債務の履行を請求することが信義則に反すると認められる場合を除き、更新後の賃貸借から生ずる賃借人の債務についても保証の責めを免れないというべきである。

宅建(平成25年) の 10問
第2問
印紙税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第3問
宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約を含む。)の規定によれば、正しいものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第4問
抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第5問
次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第6問
留置権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第7問
地価公示法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第8問
都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第9問
宅地建物取引業保証協会(以下この問において「保証協会」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第10問
甲県知事の宅地建物取引主任者資格登録(以下この問において「登録」という。)を受けている取引主任者Aへの監督処分に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る