google+LINEで送る
宅建(平成25年) の 10問
第1問
建築の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第2問
農地法(以下「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第3問
宅地建物取引業者A社が、Bから自己所有の甲宅地の売却の媒介を依頼され、Bと媒介契約を締結した場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。
【ア】A社が、Bとの間に専任媒介契約を締結し、甲宅地の売買契約を成立させたときは、A社は、遅滞なく、登録番号、取引価格、売買契約の成立した年月日、売主及び買主の氏名を指定流通機構に通知しなければならない。
【イ】A社は、Bとの間に媒介契約を締結し、Bに対して甲宅地を売買すべき価額又はその評価額について意見を述べるときは、その根拠を明らかにしなければならない。
【ウ】A社がBとの間に締結した専任媒介契約の有効期間は、Bからの申出により更新することができるが、更新の時から3月を超えることができない。

宅建(平成25年) の 10問
第4問
宅地建物取引業法第35条に規程する重要事項の説明に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第5問
宅地建物取引業者A社が、自ら売主として宅地建物取引業者でない買主Bとの間で締結した宅地の売買契約について、Bが宅地建物取引業法第37条の2の規定に基づき、いわゆるクーリング・オフによる契約の解除をする場合における次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第6問
地価公示法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第7問
A銀行のBに対する貸付債権1,500万円につき、CがBの委託を受けて全額について連帯保証をし、D及びEは物上保証人として自己の所有する不動産にそれぞれ抵当権を設定していた場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第8問
土地区画整理法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第9問
宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

宅建(平成25年) の 10問
第10問
次の1から4までの記述のうち、民法の規定及び下記判決文によれば、誤っているものはどれか。
【判決文】
期間の定めのある建物の賃貸借において、賃借人のために保証人が賃貸人との間で保証契約を締結した場合には、反対の趣旨をうかがわせるような特段の事情のない限り、保証人が更新後の賃貸借から生ずる賃借人の債務についても保証の責めを負う趣旨で合意がされたものと解するのが相当であり、保証人は、賃貸人において保証債務の履行を請求することが信義則に反すると認められる場合を除き、更新後の賃貸借から生ずる賃借人の債務についても保証の責めを免れないというべきである。

Copyright (C) 2017 問題集.jp All Rights Reserved
当サイトについて広告掲載について利用規約プライバシーポリシー
資格用語辞書免責事項サイトマップ問い合わせ
google+ LINEで送る